1. TOP
  2. 健康・ダイエット
  3. 医者はなぜ風邪薬を飲まない?風邪を早く治す本当の方法はこれ

医者はなぜ風邪薬を飲まない?風邪を早く治す本当の方法はこれ

医師や薬剤師たちは自分では風邪薬を飲みません。

実はウイルスが原因である風邪に効果のある薬はありません。むしろ薬の副作用で治りが遅くなったり繰り返す原因にもなる事があります。

でも、病院に行く理由でいちばん多いのは風邪です。お母さんの中には子供が風邪をひくとすぐ病院に行って抗生物質を処方してもらって飲ませる人がいるのですが、全く意味がないばかりか、かえって免疫力を低下させ体を弱くしてしまう事にもなりかねないのです。

わかっていて処方する医師にも問題がありますが、高熱が続く場合など薬が必要なケースは稀で、多くの場合は風邪に薬は有効ではないのです。

薬をもらえば何とかなるという考えの人が世界の中でも日本人が圧倒的に多いのをご存知ですか?

その結果、日本人だけで世界中の薬の5分の1の薬を飲んでいるのです。

もちろん薬で風邪を治している訳ではありません。風邪の原因はウイルスです。ウイルスをたたける薬は存在しないんです。いわゆる風邪薬は症状を抑えるものです。くしゃみ,鼻水、熱、咳、痰,のどの痛みなどの症状を抑えてくれる効果はあります。

でも症状を抑えるだけで治してくれる訳ではないのですね。

体に悪い合成薬を使わずに、本当に風邪を早く直す方法についてお話ししていきます。

風邪の症状

なぜ風邪の症状は出るのでしょう?

それは、風邪のウイルスと戦うために免疫力を上げるための反応なんです。熱を上げることも、のどの炎症も、鼻水や咳も全部からだを守るための反応なんです。カラダがウイルスを退治して結果風邪が治るのです。人間の体にはそういう力が最初から備わっているんですね。

つらいから一刻も早く症状をなんとかしたいというのもわかります。

でも、風邪を引きやすい、年に何回も風邪をひいている人、すぐ薬に頼っている人は要注意!

風邪をひくたびに薬で症状を抑えていると、自分の体の免疫力が下がった状態になり、それが続いているのでまた風邪をひくという悪循環になっている可能性があります。

そうなってくると、治った思ったらまた風邪をひくなんて事になってしまいます。

そうならないためには、検疫力を上げて風邪を退治することと、ひかなくするようにすることが重要です。免疫力が強くなれば風邪をひかなくなるわけです。

風邪をひいたときですが、症状を抑える薬ではなく、ひき始めに自然薬を使うのがオススメです。葛根湯やメディカルハーブのエキナセア、ゴールデンシールなどが体の免疫力を高めてくれます。さらにペパーミントやユーカリ、タイム、ティートリーなどの精油も一緒に使うとさらに効果が期待出来ます。

風邪をひきそうだと思ったら、これらの自然薬を飲んだり、胸やのどに塗って、なるべく温かい格好で、これはちょっと熱いかもと思うくらいの格好で寝るとさらに免疫力が上がります。

汗が出ると風邪が治ると昔から言われていますが、これにはちゃんと意味があります。ウイルスと体内免疫が戦って、熱を上げて免疫を強化する必要がなくなると、汗をかかせて熱を下げてる様になります。

カラダの仕組みって凄いですよね。そのカラダの仕組みや機能を手助けするように働いてくれるのが自然薬です。風邪でいえば、ウイルスを殺菌しながら免疫力を上げることで、炎症,咳、熱が出る必要がなくなるのです。もちろん正しく使っている限り副作用とは無縁です。

日本では知られていませんが自然療法が盛んな国では薬といえば自然薬の事なんです。現に欧州の学校では生徒たちは予防接種はしません。にもかかわらず、学級閉鎖なんてありません。

欧州の教室では薬草アロマオイルを教室内に拡散させているので、空気中のウイルスを殺菌してくれる効果と免疫力が上がる効果があります。その空気を吸って生徒たちは免疫力も上がってしまのです。病院でも院内感染を減らすために薬草アロマは使用されています。日本でも是非採用してもらいたいですが、まだまだ時間がかかりそうです。

風邪をひきやすい人

風邪をひきやすい人の話に戻しますが、風邪薬を繰り返し飲んでいると悪循環になってしまうのはお話ししましたが、その他にも忙しすぎる人や睡眠不足の人、筋肉が少ない人など他にも風邪を引きやすくしてしまう原因はあります。細かくて緊張しやすい人なども風邪をひきやすくなったりします。常に緊張している人は慢性的に血管も収縮していますので、肩こりや冷え性などの症状とともに免疫力が低いままの状態が続いているのでどうしても風邪を引きやすくなるんです。

慢性的に免疫力が下がっている状態というのは、風邪に限らずそのままの状態が続くと大きな病気のリスクになりますので、そのままにしない方がいいです。

免疫力を上げるにはリラックスすることが重要だとされています。リラックスして緊張を緩ませられれば、血流も改善して免疫力が上がってくれますのでとても有効な方法なのです。リラックスするカラダになると自然に風邪を引きにくいカラダになるのです。

また思いっきり笑うことも免疫力を上げる働きがあります。

関連記事免疫力をアップしたかったら笑いなさい

夜はなるべく、シャワーよりも40度くらいのお湯をためて半身浴ではなく全身入浴した方が免疫力は上がりますし、出来るだけ意識して口呼吸ではなく鼻呼吸のほうが免疫力は高まります。

普段から深呼吸は心がけてみてください。4秒ですって10秒で吐いく様に意識してください。そして吐くときに力が抜けるようにしてください。それが上手に出来るようになると冷え性まで改善します。

もちろんうがいや手洗いも風邪予防としては重要なことの一つです。習慣にしましょう。

風邪をひきにくい体にする生活習慣

ゆっくり寝る

病気の予防・改善のためには睡眠をしっかりとることは基本中の基本です。風邪をひいているのに睡眠不足では免疫力が下がり、症状が長引いてしまいます。

日頃から規則正しい生活を送ることが望ましいですが、とりわけ風邪をひいたときには十分な睡眠時間を確保しましょう

体を温める

人間のからだは体温が上がると免疫力がアップします。免疫力を高めて、ウイルスに対抗するために体を温めることは大切です。具体的には、温かいものを飲んだり、暖かいお風呂に入る、しっかりと重ね着をしたりするなどして、免疫力アップを心がけましょう。ただしお風呂は長風呂は熱が出ている時には避けた方がいいでしょう。40度ぐらいのお湯に5分程度であれば体力も使わないので効果的です。くれぐれも湯冷めには注意しましょう。また濡れたままの髪は熱を奪います。ドライヤーでしっかりと乾かす様にしましょう。

うがい手洗い

うがい手洗いは、風邪の予防として知られていますが、ウイルスは種類はとても多く、一つのウイルスが原因で風邪をひいた後、また別のウイルスに感染して、重症化を招くおそれもあります。風邪をひいてしまってからでも、うがい手洗いはした方がいいのです。風邪をひいているときには、のどの防御機能が弱くなっており、普段よりもウイルスの侵入を許しやすい状態になっていますから、うがい・手洗いは欠かさず行いましょう。殺菌成分の入っている“うがい薬”を用いるとより効果的ですが、うがい薬がない場合には水だけで行っても効果はあります。

水分補給する

人間の体からは自然と水分が蒸発しており、その量は体温が1度上がるごとに15%ほど増えるといわれています。つまり、風邪をひいて発熱した状態では、どんどん水分が失われて脱水状態になりやすいのです。脱水状態は免疫力低下を招き、風邪の回復をおくらせることにもつながります。それを防止するためにも、水分補給はこまめに行うべきでしょう」

風邪を早く治すための薬

葛根湯

昔から風邪の薬として葛根湯は有名なのですが、葛根湯には、体温を上げて菌を弱らせる作用があります。このため、ブルッと悪寒がするような風邪のひきかけ段階では有効です。

すでに発熱してしまった状態では、あまり効果が期待できません。また、葛根湯の成分“麻黄(まおう)”には交感神経を優位にするはたらきがありますので、血圧が高い人や心臓が弱い人は服用を避けるほうがいいでしょう。

天然ハーブ

エキナセア、ゴールデンシールなどのハーブやペパーミントやユーカリ、タイム、ティートリーなどの精油などは風邪のひき始めに有効です。

病院の薬と市販の薬

市販の薬には、風邪の諸症状を緩和するさまざまな成分が含まれていますが、健康状態に悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。市販の風邪薬のなかには、緑内障など眼圧が高いかたは避けたほうがよいものもあります。市販の風邪薬は便利ですが、患者ひとりひとりの症状や体質などに合ったものとは限らないので、より安全を期すなら病院で処方してもらうほうが望ましいでしょう。

風邪は海外では合成医薬ではなく自然療法科で自然薬によって根本治癒させているのです。

結局早く治すには?

免疫力をあげて風邪をひきにくい体にする事が重要ですが、かかってしまった場合には、十分な栄養と休息を取る事が一番です。

ビタミンC

ビタミンCを取る事で治るまでの期間が短くなるという論文もあります。体内にウイルスが侵入すると、白血球がこれを撃退する役割を担いますが、ビタミンCは免疫細胞を活性化し、白血球のはたらきをサポートしてくれるのです。

ビタミンA

緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、気道の粘膜を保護・強化するはたらきがあります。風邪のウイルスは気道粘膜からからだに侵入しますから、そのバリア機能を高めるために、ビタミンAを積極的に摂るようにしましょう

まとめ

風邪薬が風邪を治している訳ではない事がわかりました。風邪薬に頼っているとかえって体を弱くすることもあります。

薬に頼るのではなく免疫力をあげ、自然治癒力を高めることで風邪をひきにくい体に変わるだけでなく、様々な病気にもかかりにくい体にする事ができるのですから、生活習慣には気をつける様にしたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

美ぶろぐ編集部

美ぶろぐ編集部

美ブログ編集部です。
女性が女性らしく生きるための記事を書いています。
美容・健康・恋愛・生活全般のお役立ち情報をあなたに発信していきます。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。
【facebook】https://www.facebook.com/Ara40lady/
【twitter】https://twitter.com/bebloginfo/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旅セレブのレシピ?(10月5日まで)

  • 誰でもできる月に1万円程度の小遣い稼ぎテクニック

  • 美顔、美肌に効くツボBEST7!顔のたるみや二重あご対策にも効果がありますよ^^

  • オルニチンでシミやシワの予防・改善、成長ホルモンを味方につける