1. TOP
  2. 美容
  3. 冬は乾燥肌でかゆくなる!肌トラブル解消法!?

冬は乾燥肌でかゆくなる!肌トラブル解消法!?

冬になり寒くなると空気が乾燥し、それと同時に肌が乾燥してさまざまな肌トラブルに悩まされるという方が多いようです。

私も肌が強い方ではないので、冬の肌の乾燥や痒みは、毎年悩みのタネ。顔はカサカサして化粧ノリも悪く、小シワも出てきますし、ふくらはぎや太ももは痒みが出て湿疹になることもあります。

加湿器で部屋の乾燥を防ぎ、保湿剤を使うなど、いろいろな対策をとっても冬の肌の乾燥はなかなか防げないのも現実。

そこで今回は、冬の乾燥肌とかゆみの原因や、実際に私が効果を感じた対処法をお話します。

冬の乾燥肌とかゆみの原因は?

冬になると、夏に比べて湿度がかなり低くなります。そのせいで肌の乾燥もひどくなるというイメージはありますが、実際にどうして冬は肌が乾燥して痒くなるのかを詳しく知る人は少ないと思います。

私も、肌の乾燥と痒みがひどくなってから、色々と調べるようになってその原因を知りました。

まず、年を取るにつれて、肌の水分量が減り、皮脂などの皮膚を保湿する成分も減ってきます。すると、肌が乾燥しやすくなるだけでなく、肌のバリア機能も衰え、アレルゲンなどが侵入することで痒みを起こしたり、湿疹になったりするようです。

さらに痒いからといって掻いてしまうと、小さな傷ができて細菌などが侵入しやすくなります。これを聞いただけでも、肌の乾燥って恐ろしいですね。

石鹸は使わない方がいい?

肌の乾燥には、体を洗う時に石鹸を使ったほうが良いのかどうか迷うという方も多くいます。

石鹸を使うと、汚れだけでなく、保湿に必要なものまで洗い流してしまうような気がしますし、肌に刺激もありそうです。

しかし、調べてみると、石鹸は使ったほうが良いという意見の方が有力。

そもそも皮脂欠乏性湿疹では角質の水分量が少ないため皮膚表面の汚れと古い角質(アカ)が固着しやすい状態になっています。さらに保湿剤や軟こうなどの外用薬を使用してそのままにしていると、24時間以上経過した場合、外用薬基剤が酸化し皮膚に悪影響となります。こうした汚れは水だけでは取り切れず、石鹸でしっかりと落とすべきです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000069-dal-hlth

石鹸を使って、水だけでは取り切れないような汚れを落とすことも乾燥肌には大切なんですね。

とくに保湿剤や塗り薬を使っているときは、石鹸の力で優しくキレイに身体を洗うようにすることが大切なようです。

まずはかゆみを止める

痒みがひどいときには、私はすぐにドラックストアなどで気軽に買える市販薬を使います。

痒いときには痒みを抑える成分が入った塗り薬を選ぶと思いますが、その時に、保湿成分が入っていたり肌の状態自体を改善するようなものがおすすめ。

私はかゆみが強いときや湿疹がひどいときにはステロイド剤が入った市販薬を使っています。

例えば、私がよく使っている「フルコートF」は、ステロイド剤で、ジュクジュクした場所にも効き、保湿効果もあります。

湿疹がそれほどひどくないときは、ステロイドが入っていない「メンソレータムAD」がおすすめ。

クリームなので使いやすく、リドカインなどの3つの痒み止め成分が入っていて、痒みをしっかりと抑えてくれます。

また、保湿をしっかりとして肌のバリア機能を維持することに加え、十分な睡眠でホルモンバランスを整えたり、ビタミン類を豊富にとることで、乾燥肌を改善することも大切です。

洗い方が大事

肌に刺激を与える一番原因となるのが、実は身体の洗い方にあるそうです。

身体が痒いと、ついゴシゴシこすりたくなるもの。

でも、そんなことをしたら、お風呂から出たとき、身体が赤くなって痒みも倍増してしまいます。

身体を洗うときは、石鹸をたっぷりと泡立てて、手のひらをひっくり返しても泡が落ちないマシュマロの様な泡を作ります。

タオルは使わず、手に泡をのせて優しく滑らせるように洗うのがベスト。

直接肌に触れるのではなく、泡を体に乗せるイメージくらいのソフトタッチで大丈夫です。

その際にも指先は使わない様にしましょう。指先は指紋があり、皮膚も硬いので軽いヤスリの様な状態になっています。

ですから指先ではなく、手のひらで優しく泡を置く様な感じで洗います。(洗うのは泡の吸着力を利用するのでゴシゴシしたりする必要は全くありません)

私はもともと、タオルでゴシゴシ洗いたい方だったので、はじめは洗っている感じがなく違和感がありましたが、今ではすっかり手で洗うのにも慣れました。

手で洗う様にしてからは、お風呂から上がって身体が赤くなったり、ひどい痒みがでることもなくなりました。

湿疹がある場合には

肌の乾燥がひどくなると、湿疹を伴うこともあります。

私も冬になり乾燥がひどくなると、皮膚の表面が赤く、固くなっているような湿疹がでることがあります。

湿疹になってしまうと、保湿だけでは治りにくいので、そんなときは塗り薬が有効です。

私は基本的に気軽に買える市販薬で済ませてしまうのですが、今ではステロイドが入った塗り薬や、痒み止め成分が入った保湿クリームなども数多く販売されています。

症状によって、保湿をメインにするなら尿素やヘパリン類似物質が入った保湿クリームがおすすめですし、炎症を抑えたいときはステロイド剤が入った軟膏がおすすめ。

とにかく痒みを抑えたいときは抗ヒスタミン薬がいいです。

市販薬でも治らなかったり、アレルギーなどで市販薬が心配なときは、やっぱり病院の皮膚科を受診するのが安心。皮膚科に行けば、症状に合わせた薬を出してくれるのでより安心。

かゆみの原因は乾燥だけではない場合もあります。

肌の乾燥によって痒みを起こすことは多くありますが、症状が長引いたり、ひどくなるようなら、それは乾燥が原因ではないこともあるようです。

例えば、ストレスでも痒みが起きたり、鉄分などの栄養が不足したときにも痒みが起こることもあるそうです。

さらに、肝臓の病気や腎臓の病気で痒みが起こることも。

また、自分では自覚していないようなアレルギーを持っている場合も少なくないようで、かゆみの原因が冬の肌の乾燥だけではないことを知っておくことも大切です。

オススメのケア用品

冬の乾燥肌を予防するための、私がおすすめするケア用品をご紹介します。

「馬油ボディクリーム」


馬油は天然成分100%で、肌に優しく、滑らかで健やかな肌を保ってくれます。国産の無添加商品なので安心して使うことができ、嫌な臭いもありません。

馬油 ラベンダー 70g 大きめサイズ 3個で送料無料

緑の森スキンバランス ボディゲル

皮膚科と共同開発した、敏感肌の方でも使える保湿クリームです。ジェル状で伸びがよく使いやすい商品で、厳選した保湿成分を配合している美容にも良い商品です。

緑の森スキンバランス ボディゲル(全身用保湿ゲル)NET100g

ホープスリリーフクリーム

敏感肌でも赤ちゃんでも使える優しい成分のボディークリームです。メディアでも紹介される人気商品で、使い続けることで、乾燥肌を正常な肌にしてくれます。

ホープスリリーフクリーム 60g【3個SET15%OFF】~

冬の乾燥肌まとめ

冬の乾燥肌や乾燥による痒みを予防するには、日頃の肌ケアや生活習慣が大切です。

わたしも年とともに乾燥肌がひどくなってきましたが、毎日しっかりと保湿などのケアをするようになり、症状が悪化する前に医薬品を使うことで、悩まされることもなくなりました。

この記事が、私のように乾燥肌で悩んでいる方の助けになれば嬉しいです。

\ SNSでシェアしよう! /

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

YAMA88

YAMA88

現役看護師。自分が普段の生活で感じたことや体験したことを、より多くの人と共有できたら嬉しいと思い、文章を書いています。
インターネットにより、さまざまな情報が行き交う世の中ですが、より確実な情報を楽しく読みやすく伝えていければと思っています。
一人でも多くの方の目に触れることができれば幸いです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • シミを消すのに美白化粧品は効かない

  • 冬は乾燥肌でかゆくなる!肌トラブル解消法!?

  • 正月太りを解消するオススメ◯◯の方法

  • 女性ホルモンバランスの整え方、更年期症状の軽減だけでなくアンチエイジングにも