1. TOP
  2. 健康・ダイエット
  3. アレルギー
  4. 知らないと怖い!アレルギーの原因とアレルギー体質改善方法

知らないと怖い!アレルギーの原因とアレルギー体質改善方法

アレルギーに悩んでいる人が増えています。

  • どうしてアレルギーになるのでしょう?
  • アレルギーは治らないのでしょうか?

そんな疑問を心に投げかけてる方も多いと思います。

私の娘も赤ちゃん時代アトピーでした。全くどうしていいかわからず、また新米ママでしたので、自分に原因があるのではないかと悩みました。

アレルギー治療は私と娘の歴史でもあります。

アレルギーとどう付き合っていくかご一緒に考えましょう。

現在ではアレルギーの研究もすすんで、今までのアレルギー対処法から体質改善法にシフトしつつあります。

様々なアレルギー体質改善方法をまとめました。

なぜアレルギーになるの?

gimon

体の中に異物が入ってきた場合、それを排除しようとする機能があります。

それを免疫と言います。細菌やウィルスの感染を極力避けるための仕組みです。

ところがこれが過剰に働いてある種の食べ物やホコリ、花粉、動物の毛など身近なものに反応してしまい、鼻水が出たり、咳が出たり、湿疹が出てしまったりすることがあります。これがアレルギーです。

異物が体に入ってきた時にIgE抗体というタンパク質が作られます、それが体の中の粘膜にある肥満細胞と結合して再度異物(と体が認識した物質)が入ってきた時にアレルギー症状を起こす原因物質を作りだしてしまいます。

両親の片方がアレルギーの場合より両親ともにアレルギーがある場合の方が発生する可能性は高いというデーターがあるので遺伝的要素は強いのですが、100%遺伝ではありません。いろいろな要素が組み合わされてアレルギーは起きます。

例えば、原因の一つとして腸内フローラが壊れているというのがあります。腸内フローラに関してはこちらの記事(http://beblog.info/debukin/)を参考になさってください。

腸内フローラが壊れるのは抗生物質の使いすぎ、砂糖の取りすぎ、油(オメガ6、つまりリノール酸)の使いすぎなどが原因だと言われています。

 

アレルギーマーチに悩む人が増加しています

アレルギーマーチとは。

乳児時代に食べ物アレルギーがある場合、成長とともに次々とアレルギーが形を変えて現れる様子をアレルギーマーチ(アレルギーの行進)と呼びます。

食べ物アレルギー

アトピー性皮膚炎

気管支喘息

アレルギー性鼻炎

花粉症

だいたいこんな感じで進んでいきます。

ただ、順序が変わる場合もありますし、大きくなってからアトピーが再発したり、鼻炎と喘息が同時に起きる場合もあります。

次々とアレルギーが形を変えて現れる。

一つのアレルギーがやっと治ったと思ったら次のアレルギーが始まってしまったと悩んでいる人が増えています。また、最近ではアレルギーマーチのサイクルが速くなったと言われています。それは治療が本質的問題を解決していないからではないかと言われています。

 

親なら知っていてほしいアレルギーの事

413117_8260_m

ぷりぷりの可愛い赤ちゃん時代に肌がガサガサになると母親としては本当に辛いと思います。

街を歩いていても全く知らない『親切』な方から『お顔が真っ赤ね、どうして?』と聞かれたり。(どうしてかこちらの方が知りたいと言いたいのを我慢していました。)

こうしなさい、ああしなさいとアドバイスをたくさんいただいて、自分が母親としてダメだからこういうことになるのだろうかと自問したりします。

特に一人目だと悩むことも多いと思います。

しかし、同じ遺伝子を持ち、同じ環境のもとで生まれた子供でもアレルギーが出る場合と出ない場合があります。

ですから、自分のせいだと思わないでください。

一番大事なのは専門医に相談することです。

身近な人やインターネットなど、専門家でもないのにいろいろな意見を言ってくる人がいます。参考にしたとしても人それぞれアレルギーの程度が違うので、専門医に相談するのが間違いありません。

小児科医ではなくアレルギー専門の医師です。

医師一覧

http://www.jsaweb.jp/modules/ninteilist_general/

アレルギー学会に相談されるのもいいと思います。http://www.jsaweb.jp

お子さんの生活のことを細かく記録しておくと病院に行った時に役立ちます。何をどのくらい食べた時に症状が出たかなどをメモしておきましょう。

 

アレルギーは薬では治らない?

アトピーや喘息などのアレルギーにはステロイドが通常処方されます。

ステロイドは症状を緩和するために処方されるもので、根本治療にはなりません。

また副作用もあるので使用には医師と相談の上、使用するようにしましょう。

ただアレルギーは放っておくと悪化する負のスパイラルを繰り返してしまうので、症状を軽くし徐々に治癒に向かうためには必要な薬です。

ステロイド軟膏について

アトピー性皮膚炎の場合はステロイド軟膏が処方されます。

スレロイドは危険だと思って使いたくない方も多いと思いますが、正しい使い方をし、短期間で治癒し使う量を相対的に減らすのが一番です。

ステロイド軟膏のガイドラインを参考になさってください。

http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2008.pdf

ステロイドには五段階の強度があります。弱い方から順番に、

ウィーク プレドニゾロン、コルテスウィーク
 メディアム  リドメックス、レダコート、ケナコルトA、ロコルテン、アルメタ、キンダベート、ロコイド、デカダーム
 ストロング  エクラー、メサデルム、ボアラ、ザルックス、アドコリチン、ベトネベート、フルコート、リンデロンV、プロパデルム
 ベリーストロング  フルメタ、アンテベート、トプシム、リンデロン、マイザー、ブソン、ビスダーム、テクスメテン、ネリゾナ、パンデル
 ストロンゲスト  デルモベート、ジフラール、ダイアコート

 

処方された薬が、どの強さのステロイドを使っているかチェックしてください。かゆみが取れて安眠ができていなかったらもう一段強いステロイド軟膏を使います。

もちろん薬はアレルギーの根本治療ではありません。体質を改善しなければ、またアレルギーが出てきます。しかし、だからといってステロイドは副作用があるからと拒否していてはズルズルと悪循環になって悪化していきます。ステロイドを止めたことでかきむしり眠れないために健康を害してしまう場合も多く存在します。

一旦、皮膚をある程度ケアした後に少しずつ食生活を改善し、アレルギーを除去するようにしていくようにしましょう。

アレルギーの原因の一つはストレスです。眠れないとさらにストレスが増え、治癒しにくくなります。

塗り方:必ず清潔な肌に塗ってください。虫刺されのお薬のようにかゆいからと上からどんどん塗ると不衛生で肌のために良くありません。お風呂上りにしっかり塗ります。ステロイドの強さも痒さが抑えられて眠れるくらいの強度のものを使ってください。ステロイドは怖いからと中途半端な強さのものではかえって長い期間使用しなければならなくなって逆効果です。

ステロイド薬を塗った後には必ず保湿をしてください。肌がガサガサで乾いていると肌のバリア効果が低下し、外部からの刺激に弱くなってアトピーが悪化してしまいます。

プロトピック軟膏

もともと免疫を低める薬として開発されました。臓器移植に伴う拒否反応を緩和します。ステロイドに比べて副作用が少なく、首や顔に適しています。ただし2歳未満には使われません。2歳以上の小児用と大人用があります。使い方はステロイドとほぼ同じです。

抗ヒスタミン薬は鼻炎、鼻水、皮膚のかゆみ、発疹などに用いられます。眠気が出るのが問題でしたが、最近では1日1錠で良いものができ、寝る前に服用します。ぐっすり眠れるのでアレルギーのための不眠による疲れ(そしてそれがまたアレルギーが出る原因になります。)をとります。

経口免疫治療法

20年前はアレルギーといえば除去食が常識でしたが、今は少しずつ食べさせて体に慣れさせるという方法を実施している医師がいます。ある程度しっかりと臓器が育ってから、様子を見ながら少量ずつアレルゲンになっている食べ物を食べさせて最終的にその食品を摂取できるようにする治療です。小麦粉の場合、80パーセントの成功率があるという研究報告があります。アレルギー専門医と相談しながら進めてください。

https://dot.asahi.com/aera/2016031000249.html

これに関連して、ピーナッツアレルギーの研究で小さいうちからピーナッツを食べさせるとアレルギーが少ないという報告があります。

http://www.chicagotribune.com/lifestyles/health/sc-peanut-allergy-early-treatment-health-0824-20160819-story.html

薬は根本治療ではもちろんありません。

薬で症状を抑えていくだけですので少量ずつアレルゲンを摂取していく方法がこれからは主流になるでしょう。

 

知らないと怖い!間違ったアレルギー対策

ステロイドは副作用が怖いから使わない。

ステロイドについては前述したようにある程度皮膚が健康な状態になるまで専門医のアドバイスに従って使用した方が良いようです。

ステロイドは体内に蓄積される?

塗り薬の場合そういうことはありません。また、塗ったために肌が黒くなると言われていますが、そういうこともありませんので安心して使用してください。

自然治癒力で治るからと薬をやめて健康食品を売りつけられた方達の報告があります。

自然治癒力が弱っている状態からではいくら良いものを食べても悪化するばかりです。

アトピーが悪化して心臓発作を起こした例もあります。

アレルギーには水泳教室?

アレルギー対策で水泳を始める方が多いと思います。うちの娘も始めました。ただ、始めるのが早すぎたようです。公園のママ友のおすすめで一緒に行っていたのですが最初は喜んでいたのにだんだん嫌がって泣くようになりました。水泳の先生が慣れてくると泣かなくなりますとおっしゃるので様子を見ていたのですが一向に慣れません。

東京女子医大のアトピーの先生にお聞きしたらアトピーの子供は肌が弱いから塩素がしみて痛くて泣いているのだと説明してくださいました。室内プールはバクテリアが増えやすいのでその分塩素も多いのだそうです。夏のプール、または海である程度体力をつけたから始めた方が良いそうです。10歳から本格的にスィミングクラブに所属し、今でも一番得意なスポーツです。ただし、体調が悪い時は20際になった今も室内プールに入るのは控えています。

 

アレルギー体質改善方法

室内を清潔にする

アレルギー性鼻炎や皮膚炎、ぜん息などの原因のひとつとして、目に見えないくらいの細かいほこり、「ハウスダスト」があります。

病院でハウスダストアレルギーと診断された場合は、まず室内を清潔にしましょう。

ほこりの舞うような部屋に住んでいると、アレルギーはますます悪化してしまします。

こまめな掃除、空気清浄機の活用で、室内を清潔にたもちましょう。

花粉症の場合には屋外に洗濯物を干さないようにしましょう。

またダニの糞や死骸がアレルギーの原因になることもあります。ダニは枕や布団に大量に発生します。

生活習慣に気を付ける

夜ふかしや、かたよった食生活を続けていると、アレルギーが悪化してしまいます。

特に、アトピー性皮膚炎はストレスが原因で悪化することがあります。

できるだけ心と体に余裕を持って過ごすことが、アレルギー体質の改善にもつながるのです。

また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品がアレルギー体質改善に効果があることが近年わかってきました。

積極的に食事に取り入れてみましょう。

漢方薬を利用する

漢方薬は病院で処方される薬よりも効き目が穏やかで体質改善にも効果があります。

漢方薬は東洋医学の考えに基づいて処方される、生薬を原料とした薬です。

漢方薬を服用することで、体質を改善する方も少なくありません。漢方医のいる病院で相談してみましょう。

全国の漢方医データ

http://kampo-ikai.jp/doctor/

鼻の粘膜のレーザー治療を受ける

レーザー治療とは、鼻の粘膜を浅く焼くことにより粘膜を凝固させて、アレルゲンに抗体反応が起こることを防ぐ治療です。

30分程度で終わる上、すぐに効果が出るので、アレルギー性鼻炎のつらい症状を今すぐ何とかしたいという方にお勧めです。

アレルギー性鼻炎をレーザー治療で治したいという方は、まずこの治療を行っている病院で診察をしてもらいましょう。

また、副鼻腔(ふくびくう)炎や後鼻漏など、鼻炎が原因で発生する病気の予防にもなります。粘膜を焼くというと大変なことをするイメージがありますが、麻酔をかけますので痛みもほとんどありません。手術というより一般の治療といった感じです。

L-92乳酸菌をとる

L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)がアレルギーの改善にかなりの効果があることが研究でわかってきました。

出典:http://calpis-kenko.jp/l92/

出典:http://calpis-kenko.jp/l92/

出典:http://calpis-kenko.jp/l92/

出典:http://calpis-kenko.jp/l92/

L-92乳酸菌を8週間程度摂取しているとアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーの症状がかなり緩和されるという研究結果です。

最近ではL-92乳酸菌をとっているとインフルエンザにもかかりにくくなるとの結果に売り切れの商品も多数でました。

開発元のカルピスからタブレットとドリンクが発売されています。

 

私のおすすめアレルギー体質改善法

娘は生まれてしばらくしてから、湿疹が出てきました。清潔にを心がけ、洗っていましたが肌はどんどんカサカサになっていき、痒くて眠れない日々が続きました。
東京女子医大の皮膚科が当時(1996年)良いと言われていましたのでそこに連れて行きました。ステロイドの使い方をきちんと習って除去食をして症状がなくなってから、今は亡くなられてしまった山西みな子先生の自然育児相談所(当時野方のおっぱいクリニックと呼ばれていました。)に体質改善のために通いました。
母乳にする自信がなかったのですが、そこで山西先生に十分出てますよと言われ自信を持ちました。多くの新米ママたちはおっぱいが足りてないと思ってしまう傾向があるようです。
和食を中心とした食事にし、中身がよくわからないものは食べさせないようにしてきました。そして、アトピーは治療できたと思っていたのですが、音大に入って一人暮らしを始めてからまたアレルギーが出てきました。
今回はプロトピック軟膏を処方されました。湿疹がおさまってからは保湿剤に切り替え、その後食生活を改善して体質改善を試みています。保湿剤はオーガニックのココナッツオイルを使っています。食事は乳製品はヨーグルトのみにし、タンパク質の量をコントロール、揚げ物を食べない、緑茶を飲む、砂糖を控えることで今のところ収まっています。

地元の蜂蜜をとって免疫をつける

また、住んでる地域の蜂蜜を摂取することでアレルギーの抗体を作るという記事を読んで(http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2011/05/27/can-eating-local-honey-cure-allergies.aspx)試しています。

地元のといっても、例えば東京にお住まいなら関東地方の蜂蜜という大雑把な『ローカル』で生物体系が同じ場所の蜂蜜で良いのです。

娘は蜂蜜小さじ1、レモンの絞り汁を緑茶に入れたものを朝いただいています。緑茶は基礎代謝を上げるのにも効果があるそうです。2ヶ月続けていますが、今のところアトピー症状は和らいでいます。

良質の睡眠をとって免疫を上げるハーブティ2種

娘は性格上眠りが浅いタイプかもしれません。

くよくよして眠れなかったりするのも免疫を下げる原因になります。

性格=体質とも言えます。

ゆっくり眠れるハーブティを飲んで体質改善に勤めています。

リンデン・フラワー・ティー 

amazon

リンデンという木の花を乾燥させたハーブティです。ヨーロッパで古くから飲まれています。

購入生活の木 有機ハーブ リンデンフラワー 100g

レモンバーム・ティー http://ponta2.com/archives/1968.html

購入 生活の木 有機ハーブ レモンバーム 100g

レモンバームは育てやすいハーブです。鉢植えでキッチンの窓辺で十分に育ちますのでハーブを育てることに興味のある方がおためしください。多年草で冬の寒さにも比較的強いです。東京でしたら冬も外で大丈夫です。

 

まとめ

いかがでしたか?

アレルギー体質だからと諦めないでご一緒に改善していきましょう。むしろアレルギーがあるために食生活を見直して健康な生活ができるようになったなーと思えるように、明日に向かって頑張りましょう。

大人のアトピー性皮膚炎が急増しています。

スーパーフードには体質を改善してくれるものがたくさんあります。

\ SNSでシェアしよう! /

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bene

bene

典型的一人っ子として病気ガチな子供として成長しました。
36歳で周りの心配をよそに出産。
もともと腎臓に疾患があったので中絶を勧められましたが、無事出産。
長女が2カ月でアトピーになったのを機に自然治癒や食物に興味を持ちました。
39、41歳で二人目三人目を出産。
40の時に夫の母国スペインに引っ越し。
三人いると調理もやりがいがありますので調理師学校に入り、調理師免許取得しました。
46歳で脳腫瘍発見され、放射線治療。
50をすぎて花粉症が始まり一通りの病を経験したことになります。

趣味はハーブを育てることとパン作り。
スペインは意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、日常的にハーブをよくいただきます。それで自然とハーブを使う生活になりました。
山に行くと野生のタイム、ラベンダー、ローズマリーが茂っています。
お風呂に惜しげも無く入れたり、いろいろな使い方をしています。
多分そういうこともあって、スペインの人は健康に気をつけているようでもないのに比較的長生きなのでしょう。そして、寝たきり老人もいません。健康な90歳があちらこちらに言います。その秘密は? そういうことも書いていきたいと思います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 花粉症にはヨーグルトが効く?効果のある乳酸菌と効果的な食べ方

  • アレルギーになりたくなかったらマーガリンは即やめるべき!

  • 知らないと怖い!アレルギーの原因とアレルギー体質改善方法

  • 基礎代謝をアップする簡単な45の方法