1. TOP
  2. 健康・ダイエット
  3. ロイテリ菌とは

ロイテリ菌とは

人の体の中には1000種類以上の菌がいるそうです。

その総数は100兆個以上というから驚きです。

その重量は成人男性で約2キロ

 

乳酸菌のような善玉菌と悪影響を及ぼす悪玉菌

そしてどちらにもなる日和見菌が私たちの体に様々な影響を与えています。

これらの細菌のバランスを保つことが健康への第一歩と考えられています。

口と腸に菌は集中しています

口は入り口として人の健康維持に多くの影響を与えています。

700種類以上の細菌が口腔内でフローラを形成していて、口から全身の健康を保っています。

お口の菌のバランスが崩れると虫歯や歯周病などのトラブルが発生してしまうんです。

歯周病によって口から悪性の菌が全身に回ると、早産や動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞、メタボリックシンドローム、そして糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因となると最近の研究で発表されています。

お口の中の菌のバランスってとっても重要なんですね。

また、腸は第二の脳とも言われていて、脳からの指令がなくても動くことができる臓器です。

腸神経は脳とは独立したネットワークで他の消化器官と協調して働き、他の臓器にも直接指令を出すのだそうです。

腸内細菌をコントロールする事は、病気のリスク低減にもつながり、健康寿命を伸ばす事にもつながります。

薬だけに頼らない

実は風邪薬は風邪を治しているわけではないという話を別の記事で書かせていただきました。

【参照記事】医者はなぜ風邪薬を飲まない?風邪を早く治す本当の方法はこれ

優れた善玉菌(プロバイオティクス)により、体内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスをコントロールする世界最先端の予防医療技術として注目されているのが、

「バクテリアセラピー」

です。

プロバイオティクスに加えて、善玉菌のエサとなるプレバイオティクスもとりいれる事でより健康維持ができるというのがバクテリアセラピーです。

プロバイオティクス

生きて腸まで届く有益な微生物(善玉菌)の事で、乳酸菌やビフィズス菌など

プレバイオティクス

善玉菌のエサとなる成分で、プロバイオティクスの働きを助けてくれます。オリゴ糖や食物繊維など

バクテリアセラピーに適した乳酸菌

善玉菌と言っても、たくさんの種類が存在していて、それぞれの善玉菌によって働きが異なります。

ロイテリ菌は胃酸や消化酵素に耐性があって、体内への定着性が優れているとしてプロバイオティクスとして優れた性質を持っています。

長年の研究で善玉菌と悪玉菌のバランスをいい状態にコントロールすることができるわけです。

ロイテリ菌とは?

ある研究者がヒト由来の乳酸菌を探していた時に、アンデスの山中で自然と調和しながら生活している村で暮らす女性の母乳の中からロイテリ菌は発見されました。

その後、日本人の女性の口腔内から分離したもの、フィンランド人の女性の母乳から分離したものなども発見されて、現在では4株以上のロイテリ菌が発見されています。

他の栄養成分とは異なり、ロイテリ菌が人体で担う役割は本来の状態に戻すということです。

副作用もなくヒトにとっては自然な成分で多くの医師によって科学的裏付けが多いのも特徴です。

もともと人の体の中に存在していた菌なのですが、日本人でも7人に1人しか保有していないと言われています。

昔ながらの生活をしている人の体内には現在もロイテリ菌が存在しているそうです。

逆に都市部で暮らすヒトの体内からはロイテリ菌が発見できないそうです。

 

ロイテリ菌の効果

ロイテリ菌は有害な菌に対してロイテリンという物質を作り出して発育を抑える働きがあります。

逆に有益な菌に対してはダメージを与えないので、結果として有益な菌が増えるのですね。

悪玉菌を抑えて善玉菌を増加・活性化するのがロイテリ菌の働きです。

菌質改善をすることで、免疫力をあげ、病気の予防や症状の軽減に貢献することが多くの研究結果で実証されているそうです。

(科学論文146件、博士論文13件、被験者14,700名以上)

ロイテリ菌と歯科

ロイテリ菌は、体内で唾液や口の中の糖分によって活性化されて、中性脂肪の分解物をエサにロイテリンという天然の抗菌物質を作ります。

このロイテリンによって歯周病菌や歯垢(プラーク)の悪玉菌を抑制し、歯周病治療が劇的に進化すると言われています。

5種類の歯周病菌を抑制するのがわかっています。

  • ポルフィロモナス・ジンジバリス
  • プレボテラ・インターメディア
  • アグレガチバクター・アクチノマイセテムコミタンス
  • フソバクテリウム・ヌクレアーム
  • プレボテラ・ニグレセンス

 

ロイテリ菌タブレット

1日1粒なめるだけで、手軽に口腔内のバクテリアセラピー(菌活)ができるタブレットがOHAYOから販売中です。

ロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938株)はヒト由来でお口からはじまる消化管に定着しやすく、天然の抗菌物質「ロイテリン」を出して悪玉菌を抑制します。

毎日続けやすいナチュラルミント味で、歯みがき後に噛まずに舐めるのがポイント

他にも様々なメーカーがロイテリ菌入りの商品を販売しています。

ロイテリ菌関連商品

こちらの記事もおすすめです。

【関連記事】腸活ダイエットでスッキリお腹と健康な体作り

【関連記事】腸内環境を整えると、老化予防やガンの予防にもなります。腸内環境の整え方

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵な40代女性ためのメディア|美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

美ぶろぐ編集部

美ぶろぐ編集部

美ブログ編集部です。
女性が女性らしく生きるための記事を書いています。
美容・健康・恋愛・生活全般のお役立ち情報をあなたに発信していきます。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。
【facebook】https://www.facebook.com/Ara40lady/
【twitter】https://twitter.com/bebloginfo/

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロイテリ菌とは

  • 40代女性のイマドキ恋愛事情と結婚について

  • 腸活ダイエットでスッキリお腹と健康な体作り

  • シングルマザーの子育て悩み相談