1. TOP
  2. 産後クライシスの原因と対策/夫を愛せないと離婚を考える前に

産後クライシスの原因と対策/夫を愛せないと離婚を考える前に

 2016/11/20 産後 離婚
  321 Views
LINEで送る
Pocket

出産後に夫への愛が急激に冷めてしまう「産後クライシス」

急に夫にイライラしたり、一緒にいるのも苦痛になったり、そんな感情を持つ自分を責めて悩んでいたり・・・・

産後クライシスはNHKのあさイチでも取り上げられ、産後の夫の育児や家事へのかかわり方に対する不満やイライラがつのり、それが原因で離婚にいたるケースも増えています。

離婚にまではいたらなくても、この確執が長い間続き、夫婦仲が冷めたままになってしまうこともあります。

産後クライシスをどう乗り越え、離婚の危機を回避するにはどうすればいいのか、夫への愛情をどう取り戻したらいいのか。

様々な経験談をもとに産後クライシスを乗り越える方法をまとめました。

妊娠したい

産後、夫への愛情がもてなくなるのは仕方がありません

img_3d6c66b515a8b7ecf850d727bf56c891154593

出産を終えると夫への愛情が急激に下がってしまう。

誰でもそんな経験をしていると思います。

出産前に夫へ愛情を実感していた人は74.3%。なんとこれが0歳児期で45.5%と減り、2歳児期では34%と、半数以下に減ってしまうのです。グラフでもわかるように主産後2年間で夫への愛情が34%まで落ち込んでいます。

子どものいる夫婦が離婚する率は、産後2年以内がもっとも多いそうです。

「出産」は、家族にとっては最も感動的な大イベントです。可愛い赤ちゃんを見て、パパもママも命の大切さと生まれてきてくれた感謝でいっぱいになっていたはずです。

なのに現実にわずか2年のうちに離婚する夫婦が多いとう事実があります。

理想と現実のギャップ、出産と新生児育児を経験したことのある女性なら誰でも感じているはずです。

出産後の疲れや授乳による寝不足、おっぱいの痛みやマタニティブルーによるゆううつ。そして、父親の自覚が薄く、独身気分でいる夫の態度。

どれも神経を逆なでし、たならなくママをイライラさせます。

こうしたことが積み重なり、いつしか育児や家事を手伝ってくれない夫への愛情が冷めていくのが、産後クライシスなのです。

誰しもが経験するので決してあなたが悪いわけではありません。

夫への愛情が冷めてしまったと、自分を責める必要は全くありません。

産後クライシスとは

「産後、夫が家事・育児に非協力」等の理由によって、「出産直後から、妻の夫への愛情が下がる」という状態を産後クライシスといいます。

出産によって生活が何から何まで変わってしまい、24時間育児に翻弄される自分と、出産後も、朝起きて仕事に行き、夜帰ってきて寝るという基本的生活スタイルを変える必要性に迫られることもなく、身体的にも何の変化もない夫とのギャップに夫への愛情が覚めてしまう。

一方、子どもが優先となり妻の自分(夫)への愛情が激減してしまったように感じられたり、さらにはホルモンの関係や必死の育児で疲れ切って妻の性欲が減退してしまっていることによりなかなかセックスできないことへの不満などは、この時期に男性が抱く不満としてよく挙げられます。

産後の女性は、赤ちゃんを守ることに必死です。

そのため、他人に対して攻撃的になったり、イライラしやすくなったりします。これは動物の本能ともいうべきもので、出産した女性なら誰でも心あたりがあるもの。

ネット上ではガルガル期ともいわれる時期です。

産後クライシスの症状とセルフチェック

  • 夫に興味がなくなった、会話もしたくない、一緒にいると気まずい
  • 夫の些細な言動や行動にイライラする、腹が立つ
  • 夫の顔を見るのも嫌になり、離婚を考えてしまう
  • 夫の言動に悲しい気持ちになることがある
  • 夫の親と接したり、子供を見せるのが嫌だ
  • 出産後、セックスレスになっている
  • 他人の夫と自分の夫を比べてして、がっかりしてしまうことが多い
  • 夫にもっと育児を手伝ってほしいと思う
  • 出産前後に夫が浮気をした
  • 出産後、夫婦の時間が減って会話も減っている
  • 夫に父親としての自覚が少ないと感じる

どれかに当てはまれば産後クライシスの可能性があります。

産後クライシスから産後鬱(うつ)に

程度の差はあるものの、日本人は2人に1人の確率でマタニティブルー(産後鬱)になるというデータもあります。

産後うつ病、あまり知られていないのですが、ほうっておくと非常に危険な病気です。
密室育児(母子が二人きりの状態)が多いことから赤ちゃんと一緒に無理心中という事態をひきおこすことがあります。

同様に父親になった男性の約10%が、子供の誕生前後にうつ状態になることが、過去の研究結果の分析からわかっています。パタニティーブルーと言われ、父親としての役割の変化や責任の重さ、金銭的負担、パートナーとの関係、などの変化が原因だといわれています。

産後クライシス経験談

たくさんの人が産後クライシスを経験しているんです。

産後クライシスになってしまったら

kekkonsagi

夫婦としての産後クライシス対策

我慢をせずに自分の状態や、して欲しい事をパパに言葉で伝えることがとても大切です。

つらい時ほどパパに『察してほしい』とあらぬ期待を抱いてしまうものですが、パパからしてみたら『言葉にしてもらわなきゃわからない』のです。

産後に夫婦の触れ合いが極端に少なくなる家庭が増えていることが社会問題となりつつあります。セックスレスは心の関係も希薄になってしまいます。女性ホルモンのバランスが大きく変化することや、出産・新生児育児の疲れ・体調不良がつづいてそんな気持ちになれないなど、セックスレスの原因は意外と複雑です。

そんな時にもちゃんと体調がまだ悪いからちょっと待ってほしい、愛情はあるのだということをちゃんと伝える必要があります。

自分の時間を少しでいいから作る

現状を少しでも良くする為に、旦那さんと子供さんから離れて自分一人で好きなことをする時間を、週に1時間でも2時間でも作る事をおすすめします。

ママ友を作る

産後クライシスで悩んでいるのは、あなただけではないんです。ママ友を作ってお互いの状況を話すことで気持ちが軽くなるはずです。夫以外に共感してくれる人を作りましょう。

既婚を決める前に

産後クライシスで夫への愛情が冷め、そのまま回復することなく離婚に至ってしまうこともあります。

一度実家に帰って落ち着きを取り戻すことも必要かもしれません。

離婚を決める前に、結婚した当時のことを一度考えてみてください。

産後2年目で離婚して後悔されている方もたくさんいます。

産後クライシスにおすすめの本

 

出産・育児ママのトリセツ 〜「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

産後クライシスについて旦那さんに理解をしてもらいましょう。

産後、つらくなったら読む本: ママの心と体が楽になる安心産後ケア

「手を抜く」「人に頼る」ことが苦手で、ついついがんばりすぎちゃうママのお手伝いをします。
心も体も、ふんわり軽くなれる本です。少しだけ自分のための時間を作ってみましょう。

産後ママの心と体がらく~になる本

産後の「つらい」を解決します!寝る時間が無い!授乳がうまくいかない!育児ストレスでイライラ!などに全100アドバイス。赤すぐおすすめグッズ&ママ50人クチコミ付き。

産後クライシスまとめ

産後にイライラしてしまうのはホルモンバランスの変化や環境の変化によるものです。あなた一人で悩んでいないでご主人にもいち早く相談するようにしましょう。

女性には誰にでもある症状だということを旦那さんが理解をしてくれれば、あなたの悩みも軽くなるはずです。そしてそれをご主人が理解をしてくれたら、感謝の気持ちを言葉で表現してあげてください。

こちらの記事もおすすめです。

産後ダイエットはいつから?産後すぐ始められる簡単ダイエット方法とは

産後に垂れたバストを復活させる簡単な方法

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

美ぶろぐ編集部

美ぶろぐ編集部

美ブログ編集部です。
女性が女性らしく生きるための記事を書いています。
美容・健康・恋愛・生活全般のお役立ち情報をあなたに発信していきます。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。
【facebook】https://www.facebook.com/Ara40lady/
【twitter】https://twitter.com/bebloginfo/

この人が書いた記事  記事一覧

  • marrish

  • 華の会

  • pairs(ペアーズ)は出会い系アプリとはちょっと違います

  • 本当にいい人に会える出会いサイト?