1. TOP
  2. 産後の肥立ち・いつまで続くの

産後の肥立ち・いつまで続くの

  • 産後の肥立ちが悪いとどうなるの?
  • 産後の肥立ちはいつまで続くの?

出産後は、体を回復させなければいけませんが、慣れない赤ちゃんのお世話で疲労が蓄積されやすくなります。

この期間に無理をしてしまうと体調を崩すことになるため、注意が必要です。

今回は、出産後の体を早く回復させるために大切な産後の肥立ちとはどういうものなのか?

産後の肥立ちが悪いとどうなのるのか?

産後の肥立ちはいつまで続くのか?

詳しくご紹介します。

BAザアイクリーム

産後の肥立ちとは?

妊娠して大きく変化した女性の体は、出産後、妊娠前の体に戻ろうとします。
このことを『産後の肥立ち』と言い、産褥期とも呼ばれています。

産後、十分な休養ができて順調に回復することを「産後の肥立ちが良い」とされていますが、その反対に体調がなかなか戻らず体調不良が続くことを「産後の肥立ちが悪い」と言い、さまざまな症状が出てしまいます。

産褥期の過ごし方は、産後の肥立ちに影響を与えますので、産後の肥立ちが悪くならないように過ごすことが大切です。

産後の肥立ちはいつまで続くの?

産後の体が妊娠前の状態に戻るには、6~8週間ほどかかると言われています。
この期間を『産褥期』とも呼びます。

自宅で出産することが多かった昔は、出産後21日間、布団を敷きっぱなしにして育児をしながら休息を取り、21日目に布団を上げて家事を少しずつ始めるようしていきました。このことから「床上げ(とこあげ)」と呼ばれています。

6~8週間かけて身体が元の状態に戻る「産後の肥立ち」の中でも、特に床上げまでの期間は体を休めるための重要な期間です。そのため、最初の1ヶ月間は無理をせずにゆっくりと休息を取り、母親の1ヶ月検診で問題がなければ床上げをして、普通の生活に戻して体を慣らしていくのがベストだと考えられています。

元の状態に戻るまでさまざまな症状が出てきますので、これらの症状が順調に回復しているのか、しっかり経過を見る必要があります。

では産後に出てくる症状とはどんなものがあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

産後の肥立ちの症状とは?

◎子宮復古

大きく膨らんでいた子宮が元の大きさに戻ることをいいます。

◎後陣痛

妊娠中に大きくなった子宮は、産後すぐに収縮を始めます。このときにある痛みを『後陣痛』といいます。
陣痛と同じくらいの痛みを感じる人も多いようです。

◎悪露(おろ)

子宮の中に残った血液や子宮内膜の一部、胎児の卵膜などの排泄物のこと。
排泄される量が多いのは産後3~4日くらいで、徐々に減っていきます。順調に回復していれば、長くても産後2ヶ月頃にはなくなってきます。悪露の色は、血液の成分が多い産後3日くらいまでは赤色、その後茶褐色から次第に薄いピンク色、産後10日頃からは黄色のクリーム状になっていきます。

◎骨盤のゆるみ

出産で開いてゆるんだ骨盤は、産後3~4ヶ月かけて少しずつ縮むことを繰り返しながら元の状態に戻っていきます。

私は陣痛よりも後陣痛の方が強かったからか、子宮の収縮も早かったようです。
肥立ちの症状には個人差もありますので、辛い時には無理をしないことがベストですね。

産後の肥立ちが悪いとは?

妊娠中、少しずつ増えていった血液が出産で一気に失われることで、この変化に体がついていけなくなり、さまざまな症状が出てきます。

◎産褥熱

子宮や産道の傷口から細菌感染したことが原因で出る高熱のこと。
39度くらいの高熱になることもあります。

◎子宮復古不全

大きくなった子宮がなかなか収縮せず、悪露が長く続く状態をいいます。

◎乳腺炎

母乳が乳腺内に溜まることで炎症が起こったり、細菌が入って化膿してしまうこともあります。

◎産後うつ

食欲不振や寝不足、育児への不安、気分の落ち込みなど精神的な疲労によって起こります。

◎尿もれ

妊娠・出産で骨盤が広がり、尿道の締りが悪くなったり、周辺の筋肉がゆるんだりすることで尿もれを起こします。

◎骨盤の歪みによる体調不良

開いた骨盤は産後3~4ヶ月で元の状態に戻りますが、この時期に無理をするとズレたまま固まり、血液やホルモンの流れが悪くなります。めまいや冷えのほか、子宮筋腫が出来やすくなったり慢性的な腰痛や尿もれも起こりやすくなります。

◎目の疲れや視力低下

目を使うと血液をたくさん使うため、酷使することで血液不足となり、目が疲れやすく、視力の低下にもつながります。子宮の回復にも影響を与えます。

この時期に無理をしてしまうと、更年期の健康状態にも影響を及ぼすことがありますので、注意が必要です。

 

産後の肥立ちを良くするにはどうすればいい?

産後の肥立ちが悪いと、血行不良やホルモンバランスの崩れの影響が少しずつ体に蓄積され、後々の体にも影響が出てしまいますので、気をつけなければいけません。
では、産後の肥立ちは良くするにはどうすればいいのでしょうか。

①しっかり体を休める

退院後2~3週間は安静にし、赤ちゃんのお世話の時間以外は横になって休息をしましょう。私もよくやっていましたが、赤ちゃんが寝ている時に自分も一緒に寝て体を休めるのも一つの方法です。

また里帰りをしたり、ご主人に家事を手伝ってもらったり、頼れるものは何でも頼ってしまいましょう。
頼れる人がいない場合は、宅配で食事を済ませたり、ファミリーサポートや家事代行サービスなどを利用してみるのもいいでしょう。

②バランスの取れた食事を

栄養バランスの整ったメニューを、1日3食しっかり摂ることが大切です。
特に、骨や筋肉、皮膚などの基となる「タンパク質」、母乳で不足しがちな「カルシウム」、血液を作るために必要な「鉄分」を積極的に摂取しましょう!和食中心のメニューがおすすめです。

また水分不足になりがちですので、こまめに水分補給することも大切です。
この時、冷たい飲み物を飲むと体を冷やしてしまいますので、温かい飲み物にしましょう。
温かい「ラズベリーリーフティー」は、子宮の回復をサポートしてくれるのでおすすめです。

③入浴は控える

悪露が出ている間は、傷が完全に治っていない状態ですので、湯船につかるのは控え、シャワーだけで済ませましょう!

④パソコン、スマホ、読書は控える

目を酷使することで血液が不足してしまい、めまいを起こしやすくなります。寝る前にパソコンなど画面を長時間見ていると、質の良い睡眠が取れなくなりますので控えましょう!睡眠不足は、体の回復にマイナスになりますので注意が必要です。

このほかに産後すぐの激しい運動や外出も控えた方がいいですね。

産後の肥立ちを良くする食べ物は?

ここまでいろいろ見てきましたが、産後の肥立ちを良くするためにはどんな食べ物を摂ればいいのでしょうか。

◎産後の肥立ちを良くする食べ物

①タンパク質
豆腐、納豆、豆類、キノコ類、肉類、魚類など。タンパク質は産後の体力回復の要となります。

②鉄分
小松菜、ほうれん草、牛肉、レバーなど。

③カルシウム
乳製品、豆類、小魚、わかめやひじきなどの海藻類。

鉄分とカルシウムを多く含む小松菜やタンパク質とカルシウムを多く含む納豆を上手に食事に取り入れるといいですね。

◎注意した方がいい食べ物

脂っこい食べ物、甘いもの、生野菜や果物など。

疲れを取る効果がある甘い物は、食べ過ぎると乳腺が詰まってしまうことがあります。
生野菜や果物は体を冷やしてしまうので避け、温野菜や煮物などで摂りましょう。
栄養分豊富な野菜、根菜類を使った筑前煮などもおすすめです。
野菜など小分けにして冷凍保存しておくなど、調理にも時間がかからないように工夫するといいですね。

産後の肥立ちまとめ

いかがでしたか?
私が出産した後、母親に「やっちゃダメ!」と言われたことはやらずに過ごしましたが、何故ダメなのかよく分かっていませんでした。

今回、改めて調べたことで今後、自分の娘が出産した時にきちんと教えることができそうです。

是非、参考にしてくださいね。

 

こちらの記事も読まれています。

産後クライシスとその原因/夫を愛せない離婚を決める前に

2721

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Cico

Cico

2015年11月から地元ニュースサイトのライターとして活躍。その後、主婦業とシンガーソングライターとして音楽活動を行う傍ら、フリーライターとしても活動しています。
プライベートでもブログを持ち、地元のイベント情報や地震情報などを掲載中。

私のブログのURL
http://ameblo.jp/c0i2c1o3/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/Cico-%E3%81%A1%E3%81%93-226412630719728/
Twitter
http://twitter.com/cico0213