1. TOP
  2. ヒアルロン酸よりもすごいプロテオグリカン!肌のハリとつやを取り戻してくれます。

ヒアルロン酸よりもすごいプロテオグリカン!肌のハリとつやを取り戻してくれます。

最近なんだか肌のハリなくなったな・・・

若い頃のようなつやもなくなってきた・・・

鏡を見た時、がっかりしてしまうことありませんか?

 

それは肌を保湿するためのヒアルロン酸やコラーゲンが減っているからなのです。

年齢とともに減少していくヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進してくれるのが、

プロテオグリカンなんです。

 

プロテオグリカンはどんなものなのか?

今回は、その働きとプロテオグリカン入りの化粧品を選ぶ際の注意点をお教えします。

 

BAザアイクリーム

年齢とともに肌のハリや潤いがなくなって・・・

 

20代・30代の頃と40代になってからとを比べると

「肌が衰えてきたなぁ」と私自身も感じています。

年齢とともに「シミやシワが目立ってきた」「肌が乾燥しがち」

「お化粧のノリが悪い」「若い頃には必要なかったケアをしなければいけない」など、

悩みは増えるばかりです。

 

保湿成分であるヒアルロン酸は、年齢とともに減少してしまい自分の体の中からは

新しく作り出せないものですから、外から補うしかありません。

 

最近、ヒアルロン酸配合の化粧品が数多く出ていますが、

化粧品に含まれているヒアルロン酸は角質層で留まってしまい、

届いて欲しい真皮まで届いてくれないのです。

 

肌の表面はしっとりしてるけど、シワや乾燥はあまり変わらないと

感じている方も多いのではないでしょうか?

 

そんなヒアルロン酸の効果アップを手伝ってくれるのが、プロテオグリカンなのです。

では、プロテオグリカンの正体はいったいなんなんでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

 

プロテオグリカンって何?

「プロテオグリカンって何?聞いたことない」という方も多いのではないでしょうか?

正直言って私も耳にしたことがなかったので、調べてみました。

 

『プロテオグリカン』は糖タンパク質の一種で、「プロテオ」はプロテイン(タンパク質)、

「グリカン」は多糖類を意味しています。

牛や豚、鮭などの軟骨に含まれている軟骨成分です。

軟骨成分といえば、グルコサミンやコンドロイチンが馴染み深いですが、

このグルコサミンやコンドロイチンは、『プロテオグリカン』の一部なのです。

 

昔から『プロテオグリカン』の存在は知られていましたが、

成分の抽出が難しく、1グラム3000万円もするような高価なものでした。

その後、鮭の鼻の軟骨から成分を抽出する技術が見つかり、

現在、多くの健康食品会社が商品開発や販売を始めています。

 

「美肌効果もある」と言われ、今注目の美容成分なのです。

 

「美肌効果がある」なんて聞いたら、気になりますよね。

そんな高いアンチエイジング効果が期待できるプロテオグリカンには、

どんな特徴があるのか、ご紹介します。

 

ヒアルロン酸の1.3倍の保水力

image_011

出典:https://coffrea.jp/shopping/lp.php?p=fluaclef

 

『プロテオグリカン』の保水力は、なんとヒアルロン酸の1.3倍と言われています。

保水力が高いのが一番の特徴と言ってもいいでしょう。

ヒアルロン酸よりも分子が小さいため、肌の奥まで浸透していき潤いを与えてくれます。

ヒアルロン酸と比べ、ベトつかずサラッとしています。

 

それに加え、人の体内で作られるタンパク質『EGF(上皮細胞増殖因子)』と

似たような働きを持っています。

EGFは肌の細胞を増やしたり成長させたりする因子で、

皮膚再生医療のために研究されている成分。皮膚表面の受容体と結びつくことにより、

肌のターンオーバーを促進していきます。

 

『プロテオグリカン』も同じ働きがあることから、今注目されている理由のひとつなのです。

この作用によって、シミやシワ、たるみを改善し、肌の衰えを修復させることで、

若々しさを取り戻してくれるのです。

つまりアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

 

また保水量と皮脂量のバランスを整えてくれるので、

肌のハリやつやがアップしていきます。

 

プロテオグリカンは保水力だけじゃないんです!(^▽^)

『プロテオグリカン』の特徴は、高い保水力だけではありません。

『プロテオグリカン』には抗酸化作用と炎症抑制作用があり、

サイトカインという炎症を抑えるタンパク質の働きをサポートする役目もしているのです。

サプリメントなどで直接口から摂取した場合、胃酸で溶けて

消化されることなく小腸まで届き体全体に吸収されます。

 

この抗酸化作用と炎症抑制作用で、紫外線による刺激によって起こる

シミや色素沈着などのトラブルも予防することができ

肌ダメージの修復も期待できます。肌荒れも防いでくれます。

 

さらに美容の面だけでなく、体調不良の解消や病気にも良い効果が期待できるのです。

膝の衝撃を吸収しクッションの役目をする軟骨の減少により起こる『関節症』や

細菌などが原因で大腸の粘膜に慢性的な炎症が起こる『大腸炎』のほか、

生活習慣病の予防する効果があると期待されています。

 

私自身、潰瘍性大腸炎で10年間、病院に通い続けていますが、

ハッキリとした原因がわからない疾患のため、

自覚症状が全くない状態でも定期的に通院し、投薬を続けなければいけません。

『プロテオグリカン』が、こういった病気の改善につながるというのは嬉しいことですね。

 

肌も再生しちゃう!?

『プロテオグリカン』には、肌の真皮にある『線維芽細胞』を作り出す作用があります。

 

肌をベッドと仮定すると、コラーゲンやエラスチンはマットレスのスプリング、

プロテオグリカンやヒアルロン酸はクッションのようなもの。

新しいベッドのマットレスは弾力性がありますが、

使っていくうちに弾力性が失われていきますよね。

肌も同じなのです。

 

この線維芽細胞が活発に働いている間は、ヒアルロン酸、コラーゲン、

エラスチンなどの産生や新陳代謝がスムーズに行われため、

肌のハリと弾力をキープすることができます。

 

しかし老化や紫外線などの外的なダメージを受け、線維芽細胞の働きが悪くなると、

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの生成が減少し、肌のハリと弾力を失い、

真皮組織が緩んでしまいます。

これがシワやたるみの原因というわけです。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの真皮細胞を作り出す線維芽細胞は、

全身の結合組織に散らばって存在しています。

細胞分裂を繰り返し、線維芽細胞を増やしていくことで、

ターンオーバーを正常にし、古い角質を表皮まで押し上げて新しい皮膚を作っていきます。

 

そしてその線維芽細胞を増やし、さらに働きを活発にしてくれるのが『プロテオグリカン』なのです。

 

プロテオグリカン入り化粧品を選ぶときに気を付けたいこと

ここまで『プロテオグリカン』の特徴や働きを見てきましたが、

プロテオグリカン入りの化粧品を選ぶときには何に注意すればいいのでしょうか?

正しい選び方と注意点をご紹介します。

 

①プロテオグリカンの配合量は?

プロテオグリカンの量が多いほど、ヒアルロン酸の産生も多くなるので、

含有量の多いものを選びましょう。

 

②添加物は配合されている?

着色料や香料、防腐剤などが含まれているものもありますが、

これらの添加物によって肌トラブルを起こす可能性もありますので、

特に敏感肌の方は注意しましょう。

 

③加熱されている?されてない?

プロテオグリカンは、高温の熱を加えると変性して効果がなくなります。

加熱されていないものを選びましょう。

 

これまでアルカリ溶液や酸を使って抽出する方法が一般的でしたが、

この方法で行うと、プロテオグリカンとしての成分ではなくなることが

わかってきました。

現在は、60℃以下の低温処理や非加熱でプロテオグリカンを抽出する方法が

主流となってきてますので、抽出方法もチェックしましょう。

 

逸見えみりさんプロデュースのフレアクレフ

辺見えみりさんは業界ではかなりの美容マニアとして有名ですよね。

その辺見えみりさんがプロデュースした美容液フルアクレフには、プロテオグリカンがたっぷり配合されています。

しかも今なら送料650円のみの負担で試すことができるので、おすすめです。

また、よくある回数縛り(◯回の継続が条件)がないこともおすすめできるポイントです。

肌に合わなければ650円の初回セットのみでやめられます。

高濃度美容液フレアクレフ公式サイトはこちら

 

まとめ

いかがでしたか?

『プロテオグリカン』は高い保水力だけでなく、

ヒアルロン酸やコラーゲンなどを作り出し、

ハリ・つやを高めてくれます。

 

老化や紫外線による肌トラブルの予防や修復してくれる

夢のような成分です。

『プロテオグリカン』で若々しさを取り戻しましょう!

 

スーパーフードも美肌の維持には欠かせません。

40代のスキンケアの正しい方法って?

2721

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Cico

Cico

2015年11月から地元ニュースサイトのライターとして活躍。その後、主婦業とシンガーソングライターとして音楽活動を行う傍ら、フリーライターとしても活動しています。
プライベートでもブログを持ち、地元のイベント情報や地震情報などを掲載中。

私のブログのURL
http://ameblo.jp/c0i2c1o3/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/Cico-%E3%81%A1%E3%81%93-226412630719728/
Twitter
http://twitter.com/cico0213