1. TOP
  2. 妊娠しやすくなる運動があるって本当?

妊娠しやすくなる運動があるって本当?

体を動かすことって気持ちも前向きになれるし、妊活中にも是非取り入れたいものですよね?

でも、妊娠を意識している体にはどの程度の運動が良いのか良くわからなくなったりもしますよね。

時にはちょっと心配になってしまったり。。。

そんな妊活をサポートして妊娠しやすい体になるための運動があるんです。

その方法や効果についてご紹介したいと思います。

BAザアイクリーム

妊活中は頭を使いすぎになっています

意外に思うかもしれませんが、妊活中はいろいろと考えたりする時間が多くなる傾向があるようです。

仕事をしながらの妊活中の方よりも、仕事をお休みして妊活に集中している生活を送っている人の方がむしろその度合いが強いと言われています。

しかし、そんな緊張状態は体の血流を悪くしてしまいます。

まずは血行を良くすることから始めてみませんか?

そのためにはまず体を動かすこと「運動」が大切なんです。

呼吸も浅くなっている場合も多いので、まずは深呼吸してみましょう。

妊活中に運動するメリット

  • 血流が良くなるという効果によって、冷えが解消されて、卵巣や子宮などの機能が活性化されると言われています。
  • 運動で筋肉を鍛えると体全体の代謝がアップするので、結果としてホルモンバランスが整ってくるのです。
  • ホルモンバランスが整うということは、生理不順や血液でのホルモン値のアンバランスなども改善されていくということなんです。

※冷えを解消するために温めることも大切ですが、その血流を促したり良い状態をキープし続けていくためには運動で末端まで血液を巡らせることや、筋肉を作って代謝を上げていくことが必要なんですね。

誰もが悩む着床力もストレッチで促進させることが可能

妊活していて、もっとも最初に悩みどころとなるのが「受精はするけれどなかなか着床してくれない」ということではないでしょうか?

妊娠は受精卵が卵管を通じて子宮の中に飛び出して、子宮内膜に「着床」することによって初めて妊娠が成立したということになるんです。

そんな「着床」しやすい子宮内膜ってどんな状態なんでしょうか?

血流が良くて厚みがあり、ふかふかのベットのような子宮内膜です。

そんな着床しやすいカラダを作るストレッチをご紹介しましょう。

前屈ストレッチ

ポイントはつま先に自分の指が付くくらいになるまで、少しづつでも良いので行うこと。

脚の真裏の筋肉と背中の両横の筋肉が伸びるストレッチで、体全体の筋肉を弛緩(ゆるませる)効果があるので全身の気のめぐりが良くなります。

体の固い方でも行いやすいようにタオルを使ってストレッチします。

毎日続けてみましょう。

内転筋ストレッチ

開脚して体を倒すストレッチです。身体が硬い人も一分は行うようにしましょう。

体を左に倒す→右に倒す→真ん中に倒す

股関節が柔らかくなるので子宮や卵巣の血流がスムースになり、機能を高めてくれます。

お風呂に入る30~1時間前に行うとベストです。このストレッチを行ってから入浴することで汗を多くかき、固くなっていた股関節がさらに柔らかくなります。

どちらも基本的なストレッチですが、普段なかなか動かさない部分や体全体を良く伸ばして血のめぐりをよくすることが大切なんですね。

体が固いとストレッチも辛いと感じるかもしれませんが、毎日すこしづつでも良いので続けてみましょう。

痛いところまで無理して行うのは避けてくださいね。

あかちゃんができる!ファータイルストレッチ

骨盤内の血流を促進して、子宮と卵巣を活性化する効果が期待できるので、排卵と着床の能力を高めることを目的としているストレッチがファータイルストレッチです。

IVFのクリニックの医師が監修していますから、専門家のお墨付きというわけです。

DVDもついているので、運動の苦手な方もの分かりやすいようになっています。

赤ちゃんができるファータイルストレッチ

 

血流をアップしてくれる手軽な運動

血流を良くする方法というのは沢山あって、その中でも運動は血流を促す方法の一つですよね?

先に述べたストレッチたちは、家の中ですこしの時間で出来るので続けて行うことが大切です。

ストレッチにプラスしてすぐに始められる運動といえば…

「歩くこと!」

です。

そんなウォーキングは全身の血の巡りを良くしてくれて、気分も明るくさせてくれる効果があるんです。

ウォーキングが妊活にもたらす効果

子宮や卵巣がある骨盤内の血行を促進するためには、正しいウォーキングを知ることが大切です。

正しいウォーキングによって、骨盤内の深い所にある腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉を使うことが大切なんです。



「腸腰筋」を鍛えるストレッチの動画です。こちらを自宅で行いながら、ウォーキングをするとさらに効果が上がりますね。

では、ウォーキングの説明です。

まずは姿勢をチェック!

頭のてっぺんから糸でピンと引っ張られているようなイメージで立ちましょう。

鏡などで横向きも確認します。

耳・肩・腰椎の前側・膝・くるぶしが一直線になっているようにしましょう。

歩くときには軽くアゴを引いて、この姿勢をキープしたまま大きめに一歩前へ。

ウォーキングはお散歩とはちがって立派な運動ですので、ゆったりのんびり歩くのではなく歩幅は大き目、息が上がらない程度の早歩きを心がけましょう。

腕の力は抜いて、歩幅に合わせて自然に動かします。肩に力が入っていたら一度肩をあげてからストン!と落として力を抜きましょう。

呼吸は腹式呼吸にしてください。

まずは息を吐くことを意識して、一度長めにふ~~~~っと吐き出します。しっかり吐き出すことによって次に入って来る酸素はとても新鮮なものになっています。

この呼吸はウォーキングの時だけに限らず、普段も気づいた時に行うとリラックス効果が得られます。

脂肪燃焼効果促進を期待するならば20分以上のウォーキングをするとベストですね。

※歩いている時に歩幅を広げる・早く歩く・上体をひねる・立ち止まって屈伸運動するなどの他の動きもプラスしてみるのもよいですね。

〇 目指すは一日10000歩

昔から健康のためには10000歩を歩くことが理想だと言われていますよね?デスクワークや便利になった生活から、女性の一日の歩数はその半分の5000歩程度だと言われています。

それでは子宮や卵巣の元気を保つ骨盤内の血流は滞るばかりです。

意識して1日10000歩をめざすことは妊活だけでなく、美容や健康にはかかせない方法ですね。

しかし、体力や体調には個人差があります。数字にこだわるのではなく、続けられるペースで行いましょう。

緩もう。リラックスしよう。

運動や食事に気を付けて、クリニックで治療もして…と妊活一色の生活の中でも数分で良いので「何も考えない時間」をあえて作るというのも大切です。

そんなリラックスってなかなか「リラックスしよう!」と思ってもやり方がわからないですよね?

しかしヒーリングミュージックには流して聞いているうちに「いつのまにか緩んでリラックスしちゃってた」という効果があると言われています。

ヨガやストレッチのお供にいかがですか?


こんなヒーリングミュージックはいかがですか?ストレッチしていてもあれこれ考えてしまうかもしれませんが、考えは浮かんだままで気にしないことです。

「べき・ねば」から離れるように意識することも大切ですが、いろいろ気になったり悩んだりする自分もまるごと受け入れてしまいましょう。

ちょっと日常と離れた感じの音楽を流してボーっとしたりすることでいろんなことが良い方向に動きだしたりするんです。

頭が冴えて眠れない!そんな時にはこちら

1/fゆらぎというリラックス効果のある音たちです。近頃どうも緊張状態が強くなっているな…と感じたときに良いですね。

質の良い睡眠がとれると人間前向きになれるものです。

癒される音楽で一日の中の数分で良いのでボーっと緩んでみて下さいね。

ほかにも妊活向きの運動があります。

★ヨガは呼吸とポーズで普段運動が苦手という方にも取り組みやすいものです★

なんといっても呼吸を大切に考えられていますので、リラックス効果がバツグン。普段ちょっと考えすぎる傾向にある方はヨガで自分を解放してみる時間をとるのも良いかもしれません。

【関連記事】妊活に効くヨガとおすすめDVD

★水中ウォーキング★

なかなかウォーキングの時間をたっぷりとは取れないという方におすすめです。

水中では浮力が働くため、膝関節に負担をかけないで運動できるだけでなく水圧の効果で自然に負荷をかけている状態になっていますので、運動の効率があがるんです。

気を付けなければ成らない運動もあります。

無酸素運動である筋力トレーニングは腹圧がかかりすぎる場合もあるので妊活中に行いたい場合にはトレーナーと相談したり、医師に確認してからにしましょう。

また、登山やフルマラソンなども負荷が強いため妊活中にはあまりおすすめできません。

やはり効果の大きいウォーキング

まずは「妊活のための運動だ!」と意気込みすぎたり頑張りすぎないでということです。

ストレッチにしてもウォーキングにしても本来とても「気持ちの良い」ものです。

体を快適に伸ばす、ヨガでリラックスする、外の景色を見ながらウォーキングをする。

ただそのこと、それだけに集中して行うことが出来るとより効果的なんですよね。

そんな事言われても煮詰まってしまった時には…

それでも「やはりウォーキングする」

これに尽きます。

考え事や悩み事をするときにじっと家にこもって考えていては悪い方向に考えてしまうんです。
でも、ウォーキングしながら悩むってアリだって知っていましたか?

幸せホルモンセロトニンを出すにはリズミカルに歩くことがポイント。

脳内麻薬とも言われるエンドルフィンさえもウォーキングすることによって出て来ちゃうんです。

たとえ落ち込んだりマイナス思考で歩き始めたとしても!です。

しかも妊活の効果があがる大腰筋も鍛えられる。

1人で取り組むもよし、時にはパートナーとウォーキングしながらいろいろおしゃべりしたりするのもいいですね。

■まとめ

いかがでしたか?妊活中の運動は激しいものではなく、ストレッチやウォーキングで血流を良くして冷えからも解消されることが一番ということでしたね。わたしも妊活中は良く歩いていました。ちゃんとしたウォーキングにはなっていなかったかもしれませんがひとりで家にいると余計に考えてしまうので(笑)
それでも歩くことで気持ちも整理されて元気になれたのを思い出します。そんな運動を是非妊活に取り入れてみませんか?

こちらの記事もおすすめです。

40代妊活ブログ15選!読むだけで励まされ、あなたの悩みが解決する⁉︎

2721

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃんと申します。
20代で一度結婚。6年間の結婚生活の上離婚。その後は一人で生きていく!と決めたものの思いがけず婚活をすることに。つまりはとても恋愛ベタで自分では出会うのはだめんずばかり。結婚相手を見つけることは出来なかったのです(笑)
恋愛&お見合い含めて苦節8年もの歳月を経て無事再婚!
したものの…そのあとには「妊活」が待っていました。そして約四年の歳月を経て高齢妊娠&出産。現在幼稚園児の母親してます。人生に自分軸で生きるに尽きます!(そうありたい)いろんな意味で断捨離中です。シンプルに楽に生きていきたいです。よろしくお願いいたします♪

ブログ:http://ameblo.jp/nekorojisuto/