1. TOP
  2. 妊活にルイボスティーが効くのはなぜ?

妊活にルイボスティーが効くのはなぜ?

妊活に良いものがいろいろあって迷ってしまいますよね?

でも、お茶では迷わずルイボスティーを選んでおくと良いって知っていましたか?

古くから南アフリカの先住民によって「不老不死の飲み物」として愛されてきたお茶です。

不老不死ですから、一歳でも身体を若返らせたい妊活中の女性は飲まないわけにはいきませんよね?

妊活に嬉しいさまざまな効果・効能はもちろん、ノンカフェインで飲みやすくてアレンジも楽しめるルイボスティーについてまとめてみましたので、お付き合いくださいね。

BAザアイクリーム

ルイボスティーの効果・効能

ルイボスは、いわゆるお茶の葉ではなく、マメ科の低木の葉を乾燥させ、それを煮だしたものをルイボスティーと言います。

育った環境はアフリカの強い太陽の元。そのため抗酸化作用がとても強くて、さまざまな効果の基になっているんです。

  • 美肌効果
  • 老化防止
  • 代謝を改善する
  • 花粉症やアトピーなどのアレルギー症状の改善
  • リラックス効果があり、ストレスを軽減する
  • 不妊改善
  • 便秘解消
  • 肝機能向上(二日酔いの軽減)

など多くの効果があるということがわかっています。

多くの人に愛されるルイボスティー

ルイボスティーは低タンニンで渋みや苦みが少なくてノンカフェイン。小さな子どもから年配の方まで広く飲むことが出来ます。ほんのりと甘味も感じられ、清涼感も感じられる香りも魅力です。

 

活性酸素を除去するSOD

SODとは体内でしか作れない、強力な抗酸化作用をもった体内酵素のことです。

なんとこの酵素…十分にあるのは若いときだけで、SODが年齢を重ねるうちにどんどん減っていき、それに反して活性酸素が増えるため老化現象が起こるのだと言われているんです。

活性酸素が増える原因

活性酸素というのは、食品添加物や大気の汚染、紫外線、タバコ、ストレス、アルコールなど様々な原因で増えていき「身体がさびついた状態」にしてしまうというやっかいなもの。

妊活でストレスを多く感じている女性には特に意識してこの活性酸素を増えすぎないように気を付けてほしいんです。

妊娠力が弱まると言われる原因の一つに卵子の老化があります。

このSODを体内に取り込むことが出来れば、そんな悩みも改善されていく可能性が大きいのです。

ルイボスティーにはこのSODが多く含まれているので不妊治療や妊活をしている人の強い味方なんですね。(SOD様酵素)

続けて飲むことで体質改善

妊活しているとストレスなどが溜まりやすいからストレスがたまらないように…

と気を付けてもたまってしまうものです。

食生活、運動、まわりから言われることを気にしないように気分転換…。

わかっているけど煮詰まってしまうことあります。

でも、それは体質のせいかもしれないんです。

同じ問題をかかえても大きくストレスを感じやすい人とさほど気にならない、あるいは気分転換が上手な人がいます。

活性酸素からのダメージが大きく心身ともに疲れている人と

SODのような物質が多い、もしくはルイボスティーなどを摂取して活性酸素を除去出来て若々しくいられる人とでは

思考や行動まで変わって来るといわれているからなんですね。

ルイボスティーを一杯飲んだからと言って劇的にすべてが変わるわけではありませんが、毎日続けていくことで身体の中から変われるんです。

ルイボスティーはノンカフェインで、冷え性の改善や代謝アップ。リラックス効果や安眠効果もあります。

日々飲んでいく内になんとなく元気で穏やかな気持ちになれるようになったという声もたくさんあります。

3ヵ月は継続して飲み続けることをお勧めします。

一日にカップ2~3杯は飲むつもりで、普段のコーヒーやお茶などをルイボスティーに切り替えてしまうのが一番良いでしょう。

SOD様酵素は「体内に入るとすぐに活性酸素を除去する酵素に変化する」んです。

実際には実際には体内では飲み始めたその日から良い変化が起こっているんですね!

Tie2活性で生殖機能低下の改善

タイツーって知っていますか?

Tie2と書いてタイツー。日本ではまだあまり知られていないですよね?

血管が健康で血流がスムーズにめぐっていくことが妊活中にはもっとも気になるところですよね?

老化が進むにつれて血管の内皮細胞と壁細胞の間にスキマが出来てしまい、そこから栄養・酸素が漏れてしまうんです。

すると血管自体が機能しなくなるというとても危険な状態に陥ってしまいます。

それを防いでくれるのが、タイツー(Tie2)という血管内皮細胞にある受容体なんです。

人間の体内にあるこのタイツー(受容体)で、血管を強く丈夫にしてくれて、再生したり、安定させてくれるのですが、ルイボスティーにはこのタイツー(Tie2)を活性化させる効果があると医学的にも認められているそうです。

つまり、タイツーが活性化されればあらゆる不調は改善されるんですね!

冷え性の改善

血流改善といえば、やはり冷え症の改善ですよね?

不妊や妊活というと「とにかく冷えはダメ」といわゆる「温活」を勧められます。

ルイボスティーでタイツーを活性化させれば、血のめぐりを良くして冷えを取ることが出来るので妊活にもってこいのお茶なんですね。

「ルイボスティーは南アフリカ原産」とうことで「熱い国の植物は身体を冷やすのでは?」と心配になる方も多いかもしれませんよね?

でも、これは間違いです。ルイボスティーは体の中の血流を改善(タイツー活性化)してくれますし、それは血管レベルからの冷え改善なんです。

ルイボスティーを飲むことによってタイツーが活性化されると機能不全までもが改善される

機能不全の多くは血行不良や活性酸素が原因を占めているため、生活習慣にも気を付けながらルイボスティーで体の錆びつきをとっていけば生殖機能そのものが改善できると考えられているんです。

ルイボスティーで不妊は改善できる?

抗酸化作用による改善効果

  • 排卵障害
  • 黄体機能不全
  • 卵巣機能不全

などの不妊の大きな原因になるものは、活性酸素とSOD(体内酵素)のバランスが崩れることによって起こるからです。

※抗酸化作用によって卵子の劣化が収まるので、高齢でも妊娠しやすくなると言われています。

ルイボスティーに豊富に含まれているミネラルの効果

  • 亜鉛
  • カリウム
  • マンガン

中でも亜鉛は卵子に多く含まれているため、不足してしまうと卵子の機能低下を招くことになるといわれています。

現代人は食生活でも亜鉛の摂取量が少なく、不妊症が増えている原因の一つとも考えられるのです。

子宮をフカフカにしてくれる!

前記した亜鉛などの豊富なミネラルが血流を良好にしてくれるので、子宮内膜に血液が行き渡ります。

不妊治療をしていると良く、内膜の厚さを計測するのですが、内膜が薄いと受精卵の着床は難しくなってきます。

ルイボスティーを飲んでいると亜鉛などの働きで黄体ホルモンの分泌が正常化して内膜が順調に厚くなるため、受精卵が着床しやすい子宮内膜がフカフカの状態になるんです。

卵母細胞の減少を抑制してくれる

女性が生まれたときから数が決まっているとされている卵子ですが、卵母細胞は加齢だけで減少するわけではないんです。

現代人が多く抱えているストレスが活性酸素を作り出し、その影響で傷つけられて自滅してしまうんですね。

ルイボスティーを飲んで活性酸素を除去すれば卵母細胞の減少を抑制して、卵子や卵巣の老化を遅らせる効果が期待できるんですね。

ルイボスティーで不妊が改善されました。

ホルモン値が正常に!

不妊治療を続けていて、ホルモン値に異常があるということから薬を処方されて飲んでいたという女性。

それがルイボスティーを飲み続けているうちにホルモン値が正常になっていることを医師に告げられた。

ルイボスティーが不妊に良いという情報を聞き、飲み始めたら高齢でも妊娠することができました。なので、赤ちゃんが欲しいと話している友人にも自信をもってルイボスティーを勧めました。

つわりがなかった。

妊婦さんの悩みの種であるつわり。個人差があるといわれているつわりですが、とても軽く済んだり妊娠中の体重増加がなかったりと健康的な妊婦生活を送ることができた。

・妊娠中にとても多い便秘にならずとても快適です。

・ノンカフェインなので赤ちゃんの湯冷ましにもルイボスティーを飲ませています。

などたくさんの喜びの声があるんですね。

ルイボスティーのおすすめの飲み方

しっかりと煮だして飲む

やかんに水を1.5L入れて沸騰させてから、茶葉大さじ1杯またはティーバッグ1包を入れます。

蓋をあけたまま、5~10分煮出しましょう。

そして火を止めます。煮出した後は蓋をして(ティーバッグは入れたままでだいじょうぶ)しばらく蒸らすとさらに良いでしょう。

ホットで飲むことによってルイボスティーの味に深みが出ることや、身体の中から温かくリラックスさせてくれます。

ティーポットなどでお湯をそそぐだけでも良いのですが、5~10分以上しっかりと煮だすことによって成分がしっかりと抽出されるため、その効果はさらに増すんです。

http://naturastyle.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

就寝前に飲む

ルイボスティーの持つリラックス効果はまさにナイトキャップ代わりにも最適。ノンカフェインですから身体に優しく安眠を誘います。

朝起きた時に飲む

ルイボスティーに含まれるマグネシウムが腸の蠕動運動を起こさせて、便意を促す効果があると言われています。

食事の30分前に飲む

妊活中は食事などにも気をつかっていますよね?食事前にルイボスティーを飲むことによってルイボスティーに含まれているカテキンが脂肪の吸収を抑えてくれるんです。

◎おすすめアレンジ

・ミルク
・豆乳
・生姜+砂糖または蜂蜜
・シナモン
・オレンジなどの柑橘系の皮をすりおろして入れる
・ドライフルーツを入れて飲む

このような材料をプラスしてお好みの味を探してみるのも素敵ですね!

おすすめルイボスティー


クチコミレビューが9000件!
オーガニックのルイボスティーも販売されています。
30日間の返品、返金保証付き
ルイボスティー(3g×100個)/オーガニックルイボスティー(2g×101個)/ノンカフェイン/ゼロカロリー/送料無料/

ルイボスティー効果まとめ

いかがでしたか?

妊活に良いとされているルイボスティーは身体の根本から改善してくれる効果があるということをおわかりいただけましたか?

妊活中は身体に良いとされている物の情報が多くて戸惑ってしまうことがありますが、とりあえずお茶はルイボスティーで決まりですね!

こちらの記事もおすすめです。

妊活に便利なおすすめアプリ7選

妊活に効くヨガとおすすめDVD

2721

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃんと申します。
20代で一度結婚。6年間の結婚生活の上離婚。その後は一人で生きていく!と決めたものの思いがけず婚活をすることに。つまりはとても恋愛ベタで自分では出会うのはだめんずばかり。結婚相手を見つけることは出来なかったのです(笑)
恋愛&お見合い含めて苦節8年もの歳月を経て無事再婚!
したものの…そのあとには「妊活」が待っていました。そして約四年の歳月を経て高齢妊娠&出産。現在幼稚園児の母親してます。人生に自分軸で生きるに尽きます!(そうありたい)いろんな意味で断捨離中です。シンプルに楽に生きていきたいです。よろしくお願いいたします♪

ブログ:http://ameblo.jp/nekorojisuto/