1. TOP
  2. 妊活を始めたら、絶対知っていてほしい。これは食べちゃだめな食品と食べたほうがいい食品とおすすめレシピ!

妊活を始めたら、絶対知っていてほしい。これは食べちゃだめな食品と食べたほうがいい食品とおすすめレシピ!

晩婚化にともない妊娠するために妊活をする女性が増えています。

30代後半はもちろん40代で妊活している人はたくさんいます。わたし自身結婚が遅かったので40代で妊活を始めました。

妊活とは、妊娠するために前向きな活動をすることで、将来妊娠しやすくするための身体づくりや生活スタイルを整えることをして妊娠に向かって準備をしていくことなんです。

なかでも食事はとても重要なポイントです。積極的に摂りたい食品、避けた方が良い食品・おすすめのレシピなど紹介したいと思います。

 

BAザアイクリーム

妊活中はいろいろな悩みがあります。

健康な妊娠適齢期の男女が排卵日に夫婦生活を行ったとして、実際に妊娠する確率は20~30%と言われていて案外低いものなんです。40代ともなればさらに確率が下がってしまうのが現実です。

排卵→受精→着床という経過を経て体内で受精卵が着床してから発育するまでの状態、およその経過を妊娠というのですが…妊活中というのはいろいろな悩みが発生してくるんですよね。

・月経周期が乱れている。排卵しているかどうかわからない

まず妊活を始める前に自分の身体について知っておきましょう。月経があっても定期的に来なかったり、生理があっても実は排卵していないなどいろいろな症状は早めに検査&治療しておくことが大切です。

・月経にトラブルがある

ひどい生理痛などは子宮内膜症などの病気が潜んでいる可能性があります。妊活の為には症状を放置せず必ず受診しましょう。

・年齢が高い

妊娠適齢期は20代後半から30代半ばまでと言われています。主に卵子の老化が原因で38歳をすぎると妊娠率は著しく低下し、医学的に妊娠の期限は43歳までではないかとも言われています。

結婚が遅かったり出産を考え始めたのが遅いという人は早めに妊活を始めるほうが良いと言われています。

・冷え症

身体の冷えは子宮も冷えるため、生理痛やPMSが悪化したり不妊につながります。

冷たいものを避けたり身体を温めるものを食べる、半身浴や腹巻きをする、手首・首・足首など大事なポイントを温めることも妊活の生活に取り入れましょう。

・ストレス

妊娠するためだけの夫婦生活になったり、検査薬で陽性反応を見る事が目的になるとストレスがたまりやすくなります。

リラックスして気分転換したり楽しめる趣味などの時間も大切にしたいですね。

 

妊活・妊娠中に食べちゃダメな食品はこれ!

妊娠しやすい身体にする、または妊娠した身体には気を付けなければならない食品がいくつか存在します。

通常ならば好きだからとたくさん口にしているものもあるかもしれません。知っておくことで身体をベストな状態にしておきたいものです。

【1.レバー】

レバーは鉄分や葉酸が含まれていて、すぐれた食べ物として知られていますがその摂取分量には注意が必要です。レバーの主な栄養素であるビタミンAは妊婦が一日に7800μg以上摂取すると胎児が奇形になる可能性が高くなると言われています。葉酸などの水溶性ビタミンB群は排出されるのに対してビタミンAは脂溶性のため身体に蓄積されていくのが原因です。

【2.生肉】

生肉にはトキソプラズマ菌やO-157が含まれている可能性があります。

・トキソプラズマ菌

家畜の肉、猫の糞や土の中にいるごくありきたりの原虫です。原虫というのは細胞動物のことで目にはみえません(寄生虫)健康な人が感染しても問題ないのですが妊婦が感染すると胎児に影響が出るといわれています。流産・死産・脳や眼の障害が出る可能性があります。

・O-157

こちらは感染すると下痢や嘔吐を起こします。O-157に感染すると流産を引き起こしやすいと言われています。
トキソプラズマもo-157も加熱によって死滅します。

肉などはしっかりと中まで火を通すこと。(中心部が67℃以上になるまで)

使用するまな板は、肉用とその他に分けて使いましょう。

【3.大型の魚】

大型の魚には水銀が含まれています。

健康な人が食べても問題はありませんが、お腹の中の胎児は水銀を排出することができません。

そのため胎児に影響が出やすく、主に脳神経障害を起こす可能性があると言われています。

まったく食べてはいけないというのではなく、過剰摂取は避けるようにしましょう。

魚にはEPA・DHAなどの胎児に大切な脂肪酸が含まれているので、サバ・イワシ・さんまなどの小魚から摂ることをおすすめします。

【4.ナチュラルチーズ・生ハム・スモークサーモン・肉や魚のパテ】

これらの食品には「リステリア」という菌がいます。妊婦は通常の20倍感染しやすいと言われており(子宮や胎盤に付きやすい)、感染するとインフルエンザのような症状になるほか胎児にも影響が出ます。流産・早産・新生児の髄膜炎や敗血症を引き起こす可能性があるのです。

加熱して食べる分には心配ないのですが、生食することが多い食品ですのでなるべく避けておきたいですね。
なお、加熱殺菌されているプロセスチーズはそのまま食べて問題ありません。

【5.生の魚介類】

下水が流れ込む河川や海の沿岸部で取れる二枚貝・牡蛎・アサリ・シジミなどには「ノロウィルス」がいることがあります。

妊婦は免疫力が低下している状態にありますので通常よりも感染しやすく、ノロウィルスの症状である下痢は流産や早産の原因になりやすいので注意が必要です。

【6.生卵・生肉】

生卵・生肉(ユッケやレバー)には「サルモネラ菌」がいると言われていて嘔吐や下痢を引き起こすと言われています。卵や生肉は必ず加熱して食べるようにしましょう。

【7.カフェイン・アルコール】

コーヒー・紅茶・ウーロン茶・炭酸飲料・コカ・コーラなどに含まれているカフェインは身体を冷やすと言われていますのでなるべく控えましょう。コーヒーの場合は一日1~2杯程度なら問題ないと言われています。

アルコール摂取は「胎児性アルコール症候群」という先天性の病気にかかる場合があります。流産や早産、低体重・軽度から重度に及ぶあらゆる知能障害が顕れることがあります。

【8.大豆製品の過剰摂取】

植物性のたんぱく質としてとても良いものではありますが、女性ホルモンに良いとされている豆腐・豆乳・大豆などは過剰摂取をすると子宮内膜症やポリープ・不妊の原因になると言われ始めています。アメリカの女性は大豆食品を控える女性も多いということも知っておきましょう。

【9.トランス脂肪酸】

冷凍食品を始め、ファーストフードやインスタント食品には食品の味を良くして長持ちさせるためにトランス脂肪酸が多く含まれています。

クッキーやケーキ、菓子パンにも含まれていますので控えましょう。マーガリンやピーナッツバターなどにも含まれており、加工品に多く入っているため知らず知らずのうちに口にしてることが多いです。

トランス脂肪酸が不妊の原因になるということがわかってきています。

【10.冷たいもの】

アイスクリームやかき氷、スイカなど身体を冷やす食べ物は控えましょう。どうしてもアイスクリームが食べたい!という時には良質な素材を使用したものを口の中でゆっくり溶かしてから飲み込むようにしてください。

【11.たばこ】

たばこは嗜好品で食品ではありませんが、喫煙は絶対にダメです。女性は卵巣機能低下や無排卵月経、男性は精子の量が減ったりEDの原因になったりするので妊活にマイナスなことばかりです。

 

妊活中の食事はこれに気を付けて

妊活中は身体に悪影響のある食べ物は極力さけて普段の食事よりも気を遣ってより良いものを選びたいですよね?いくつか気を付ける点があるのでご紹介しますね。

【1.規則正しい食事を】

一日三食バランスのとれた食事をすることが大切です。妊活中はストレスがたまるから好きなものを好きなだけ食べたい!というのでは、かえって身体や精神の状態を悪くしてしまいます。

食習慣の乱れが気になる方は妊活を機会に健康的な食生活を意識しましょう。

【2.身体を温める食べ物を摂りましょう。】

食品の中には身体を温めるものと冷やすものがあります。極端に温めるものばかりを食べなければならないというのではありませんが、冷やす食品には加工品や甘いものなどついつい手軽に口に入れやすいものが多いので気を付けましょう。

また生姜はむかしから体を温めると言われてます。生姜湯にして飲むなど取り入れてみましょう。

身体を温める食べ物、冷やす食べ物について下記を参考にしましょう。

身体を温める食べ物、冷やす食べ物

分類 身体を冷やす食べ物 身体を温める食べ物
野菜 わらび・ぜんまい・たけのこ・なめこ・なす・トマト・レタス・唐辛子・春菊・ほうれんそう・こんにゃく・大根・ピーマン・かぶ・白菜・小松菜・ヤツガラシ・インゲン・ウズラマメ・エンドウ・みょうが 朝鮮人参・自然薯・ふき・山芋・かぼちゃ・ごぼう・にんにく・にんじん・塩味のたくあん・タンポポ・やまごぼう・ヨモギ・くず・オオバコ・ノビル・にら・しそ・レンコン・しょうが・漬物
果物 バナナ・レモン・みかん・柿・なし・スイカ・メロン・パイナップル・グレープフルーツ・マンゴー・パパイヤ・キーウイフルーツ・果物ジュース・缶詰の果物 梅・なつめ・栗・りんご・さくらんぼ・ぶどう・プルーン・乾燥果物
鳥獣類 ハム・ベーコン・ソーセージ鯨肉 チーズ
魚介類 佃煮(甘味)・かまぼこ・ちくわ・くらげ・マグロ 塩干し魚・赤身の魚・淡水魚・白身の魚・鯉・塩辛・数の子・するめ・たこ・いか
調味料 白砂糖・こしょう・ざらめ・みりん・カレー粉・わさび・化学調味料・化学薬品 自然塩・ごま油・味噌・しょうゆ・にんにく粉・タマネギ粉・ゆで小豆・きな粉・黒砂糖
飲料 コーラ・ワイン・コーヒー・ウィスキー・緑茶・ビール・ヨーグルト(甘味)・ココア 番茶・ほうじ茶・タンポポコーヒー・ヨモギ茶・日本酒・赤ワイン
お菓子類 チョコレート・甘納豆・ようかん・あめ・キャラメル・カステラ・あんぱん・アイスクリーム
海藻 とろろコブ(酸味)・ところてん・のりの佃煮(甘味)・モズク 塩コブ・ひじき・ワカメ・のり

身体を温める食べ物、冷やす食べ物

【3.ルイボスティーは妊活におすすめ!】

南アフリカでは「不老不死のお茶」とまで言わしめたお茶で妊活中に嬉しいノンカフェインです。それだけではなく、卵子の状態を整える効果もあり、40代の妊活に必要な卵子の老化防止が期待できるすぐれものなんです。

亜鉛・セレン・鉄分が入っており年齢と共に増える活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジング効果があるといわれています。若々しく元気に妊活していく強い味方と言えますね。

【4.たんぱく質を摂ろう】

ダイエットの為や菜食主義などの影響で魚や肉などの動物性たんぱく質を摂らない女性が増えています。たんぱく質は植物性動物性ともに赤ちゃんやママの身体づくりにかかせない栄養素で、血液を増やして血行促進してくれます。

【5.赤い食べ物と黒い食べ物で妊娠できる身体になろう】

妊娠できる赤(血液を増やして血行促進)
サバ・カツオの赤身 ラム・マトン(羊肉)・牛肉・トマト・人参・パプリカ・クコの実・なつめ

ホルモンの働きを高める黒
黒ゴマ・黒米・黒豆

この赤い食べ物と黒い食べ物をバランス良く摂ることによって妊娠しやすいからだづくりができるんです。

 

妊活中におすすめの献立

妊活中に是非摂りたい食品を使ったおすすめのレシピを紹介します♪

「アスパラと鶏肉痛め」

336e214d75bc40f85aa66e859f812f19

<材料>
■鶏肉
■アスパラ
塩コショウ 小さじ1
レモン汁  小さじ1
酒      小さじ2
小麦粉   小さじ3

<作り方>
1.鶏肉の小麦粉をまぶして焼き色がつくまでじっくりと焼く。
2.アスパラ・酒を入れて焼く。
3.焼き色がついた鶏肉とアスパラに塩コショウ、レモン汁を入れて混ぜる。

※鶏肉の動物性たんぱく質、アスパラのビタミンE,葉酸などで妊活にぴったりですね。
Cpicon アスパラ鶏肉炒め 妊活レシピ by doucedouce

「小松菜の桜エビ和え」

01082af9af2c885fcdfe1fb15c565db8

<材料>
■小松菜  2束
■桜エビ  大さじ2
麵つゆ  大さじ1
塩     小さじ1

<作り方>
1.熱湯に塩を入れ小松菜を1分半程度ゆでる。
2.小松菜をしっかり絞り水気をとり、4cmくらいにカットする
3.ボールにカットした小松菜と麺つゆ、桜エビを混ぜる。

※小松菜の葉酸と桜エビのカルシウムで不足しがちな栄養も補えますね。
Cpicon 小松菜の桜エビ和え 妊活レシピ by doucedouce

「梅たたき」

dc44356aebbea5529af7df99eda93485

<材料>
■梅干し 4個
■みょうが 2本
■大葉   4枚
白ごま  小さじ1

<作り方>
1.梅干しは種を外します。みょうがと大葉はみじん切りにします。
2.1をボウルに入れて混ぜてたたきます。
3.白ゴマを混ぜて出来上がり。

※梅は整腸作用がありますので前菜にぴったり。身体を温める作用もあります。ご飯のお供にもどうぞ♪
Cpicon 妊活レシピ/梅たたき by ラビ子♪

「鯵の南蛮漬け」

f6c90caee02963f374fc5582bd02bf97

<材料>
■鯵(3枚おろし) 1匹
■玉ねぎ      1/2個

酢          大さじ8
醤油・酒      大さじ1.5
砂糖        大さじ3
かつおだし(顆粒) 大さじ3
油      大さじ3

輪切り赤唐辛子 少々

<作り方>
1.酢・醤油・酒・かつおだしをフライパンに入れてひと煮立ちさせます。そこの薄切りにした玉ねぎを入れてい1分煮ます。
2.フライパンに油大さじ3を熱し、小麦粉をまぶした鯵を上げます。低温でじっくりと7分くらい。
3.1で作ったた玉ねぎ調味料の中に揚げた鯵を入れて30分ほど置いておきます。
4.赤唐辛子の輪切りをちらして出来上がりです。

※たんぱく質たっぷり、お酢でさっぱりとして食欲増進しますね。
Cpicon あじの南蛮漬け 妊活レシピ by doucedouce

食事以外にも気を付けたいこと

【1.冷え】

冷えると血行が悪くなるため子宮の機能低下につながるんです。そのために腹巻きをしたり、「冷え取り」といってシルクの5本指靴下→綿(もしくはウール)の5本指靴下→シルクの先丸ソックス→綿(もしくはウール)の先丸ソックスの計4枚の靴下を重ね履きする健康法がおすすめです。使用する靴下は天然素材のものをセレクトしましょう。体内の毒素が足裏から出てデトックス出来ます。

足湯もおすすめです。バケツにお湯を入れて足を漬けるだけ。5~20分ほど行い、足が赤くなり身体がじんわりあったかくなればOKです。お湯が途中でぬるくなるので時々足して温度をキープしましょう。

【2.運動】

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を無理のない強度でゆっくり長く20分以上行いましょう。筋肉をつけるスクワットは無酸素運動のなかでも部屋などで気軽に出来ますのでおすすめです。運動が苦手な方は水中ウォーキングなどがおすすめです。

適度に身体を動かすことは筋肉の発達を促し、自律神経やホルモンバランスを整えることができます。またストレス発散にもなるので気持ちの安定にもつながります。

【3.禁煙しよう】

百害あって一利なし。喫煙は絶対にダメです。女性は卵巣機能低下や無排卵月経、男性は精子の量が減ったりEDの原因になったりするので妊活にマイナスなことばかりです。パートナーにも禁煙してもらうことが大切です。

【4.不妊治療も視野に入れて】

妊婦の5人に1人が35歳以上の高齢出産といわれている現在、その妊娠率は低下していく年齢にあります。そのため不妊治療が必要になるかもしれないことやかかるお金などについてもパートナーと話し合っておきましょう。

【5.卵活】

若いうちに卵子を採取しておいて凍結保存することを「卵活」といい、少しずつではありますが日本でもおこなっている女性がいます。結婚相手やまだ子供を持つ予定はないけれど将来的には出産したいという願いを、卵子の状態が良い若いときに取っておいた物を使って妊娠するという方法です。
卵子採取は痛みを伴ったり高額な費用がかかるというデメリットもあります。

【葉酸】

葉酸は積極的に摂りたい栄養素です。妊娠前からサプリメントなどで取り入れましょう。細胞分裂の際に大事な役割をすると言われていて葉酸を摂取すると流産や死産のリスク、神経障害などが低下すると言われています。

【睡眠】

質の高い睡眠はとても妊活の良いサポーターになります。アルコールなどで眠りについていた人も極力控え、眠りにつく一時間前までに入浴などは済ませましょう。

【生活習慣の見直しを】

不規則な生活・外食や加工食品中心な食生活・無理なダイエットなどは無月経や生理不順の原因になります。午後11時にはベッドに入っているような規則正しい生活に正すことも必要です。

 

まとめ

わたし自身結婚が遅かったので40代で妊活を始めました。お酒を毎日飲む習慣があったのでスッパリと辞め、主人も禁煙してくれました。できる事は出来る範囲でやっておいた方が後悔がなくて良いと思います。また気分転換はとても大切。何度か「うぉ~!もうだめだ~!」と泣いて爆発したこともありました。でもやって良かったと思っています。妊活は健康になるための活動ですからネ。

 

実際に妊活に成功された方の声を集めました。

こちらの記事もおすすめです。40代の妊活ブログをあつめてみました。

2721

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃん

にゃがにゃがにゃんと申します。
20代で一度結婚。6年間の結婚生活の上離婚。その後は一人で生きていく!と決めたものの思いがけず婚活をすることに。つまりはとても恋愛ベタで自分では出会うのはだめんずばかり。結婚相手を見つけることは出来なかったのです(笑)
恋愛&お見合い含めて苦節8年もの歳月を経て無事再婚!
したものの…そのあとには「妊活」が待っていました。そして約四年の歳月を経て高齢妊娠&出産。現在幼稚園児の母親してます。人生に自分軸で生きるに尽きます!(そうありたい)いろんな意味で断捨離中です。シンプルに楽に生きていきたいです。よろしくお願いいたします♪

ブログ:http://ameblo.jp/nekorojisuto/