1. TOP
  2. 免疫力をアップして病気に強い体を作るには?免疫とは?

免疫力をアップして病気に強い体を作るには?免疫とは?

LINEで送る
Pocket

同じ環境にいても風邪をひきやすい人、ひきにくい人がいます。

病気にかかりやすい人とかかりにくい人、この違いは免疫力の違いだって知ってましたか?

では免疫って何なんでしょうか?

私たちは常に細菌やウィルス、ホコリや花粉などにさらされて生きています。さらに体内では毎日ガン細胞が発生しているんです。

こういった外側の敵と内側の敵から守ってくれるのが免疫です。

免疫とは何なのか?

そして免疫力をアップさせるにはどうすればいいのかをまとめました。

 

妊娠したい

免疫を担うのは白血球にある免疫細胞です。

hakkekyu

  • 顆粒球
  • リンパ球
  • 単球

の3種類の免疫細胞があります。

顆粒球の中には好中球、好酸球、好塩基球が、リンパ球の中にはB細胞、T細胞、NK細胞が単球の中にはマクロファージ、樹状細胞があります。

それぞれが独自の役割をもって敵と戦っているんです。

 

自然免疫と獲得免疫

免疫の働きを大きく分けると自然免疫と獲得免疫の二つがあり連携して働いています。

自然免疫は生まれながらにしてもっている免疫機能です。

マイクロファージ、NK細胞、好中球などが普段から血液やリンパ液にのって体内をめぐり
異物の侵入や発生がないか監視してくれています。
そして異物を発見すると何度も攻撃をします。

獲得免疫は特定の病気にかかることによって、後からできる免疫機能です。

はしかやおたふくかぜにかかると二度と感染しないといわれているのは
獲得免疫が働くためです。

 

腸は体内で最大の免疫器官

出典:http://otsuujimama.com/do-you-know-i-intestinal-flora/

出典:http://otsuujimama.com/do-you-know-i-intestinal-flora/

消化管粘膜には免疫細胞が集まっています。

免疫の中でも抵抗力のかなめとなるのは腸管免疫NK細胞です。

腸の免疫が重要なのは、私たちが口にした大部分が運ばれる場所で消化管の中でも一番面積が広いためです。常に異物侵入の危険にさらされているので消化管粘膜には免疫細胞がたくさんあり、異物を監視しています。

特に異物に対して攻撃をするB細胞は全体の7割が消化管に集まっています。

粘膜に分布するB細胞の多くはIgAという抗体を作ります。IgAは粘液に大量に含まれていますが異物に遭遇しても他の抗体とは違って激しい炎症やアレルギー反応を起こしません。

大量に存在することで異物の毒性を中和してくれます。

 

腸内環境が免疫力を左右する

腸内には、ビフィズス菌を代表する善玉菌とウェルシ菌を代表とする悪玉菌、どちらへも傾く日和見菌の3種類が共存しています。

腸内細菌のバランスが悪玉菌優位になると、毒性のガスを発生して粘膜を傷つけるので、腸管免疫の働きが低下します。

腸内環境を善玉菌優位に保つことが腸内免疫の活性化につながります。

NK細胞

リンパ球のNK細胞は強い殺傷能力を持ち、がん細胞や病原体を発見すると単独で攻撃してくれる細胞です。

普段からNK活性の高い人は風邪にかかりにくいことが分かっています。

本来人間の免疫力は加齢の影響をあまり受けないのですが、NK細胞だけは年齢とともにその働きが低下します。

中年期に入ると感染症やがんにかかりやすくなるのはこのためです。

NK細胞が弱っても他の免疫力が高ければ大丈夫と思いがちですが、がんや感染症を早い段階でやっつけるにはNK細胞の働きが重要なのです。

NK細胞は不規則な生活やストレスによっても、その働きを低下させてしまいます。

NK細胞を活性化させるライフスタイルを送れば病気を遠ざけることも可能なのです。

 

免疫機能は自律神経に左右される

sinkei

交感神経と副交感神経のバランスが重要

人間の体には心臓を動かしたり体温を調節したりホルモンを分泌したりする、生命を維持するためのホメオスタシス(恒常性)という機能が備わっています。

これをコントロールしているのが自律神経で免疫機能も自律神経の影響を強く受けます。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。

交感神経は日中体を使って活動しているときや、興奮・緊張など精神状態が活発な時に働きます。

副交感神経は睡眠や休息といった心身がリラックスしているときに働きます。

私たちは無意識のうちに交感神経と副交感神経のバランスをとりながら生活をしていますが、このバランスが崩れると心身両面でトラブルが起こります。

これが「自律神経失調症」です。

 

交感神経が優位になると免疫力は低下する

顆粒球とリンパ球の割合は通常6対4のバランスになっています。

これがストレスや怒りなどで交感神経が優位になると、顆粒球の割合がさらに上がります。顆粒球が増える一方でリンパ球は減るのでNK細胞の量も減り、免疫力が低下します。

副交感神経が優位になりすぎるとアレルギーが出やすくなる

リラックスして副交感神経が優位になると免疫力はアップするのですが逆に過剰に異物に反応するようになりアレルギー症状を起こしやすくなります。

生活習慣の改善などでアレルギー反応は予防できるといわれていますが、重要なのは交感神経と副交感神経のバランスです。

冷えは交感神経を優位にする

自律神経には体温調節の働きもあります。

体が冷えすぎたり、普段から体温が低いと交感神経の緊張が続き、血管が収縮して血流が悪くなります。

するとさらに冷えは進み、交感神経が緊張するという悪循環になります。

体内時計

身体の持つ本来のリズムは、交感神経の顆粒球は昼間多く夜は少ない、

副交感神経のリンパ球は昼間少なく夜多いというリズムです。

このリズムに合わせて昼は活動的に、夜はゆっくり休むことが自律神経をバランスよくたもつ秘訣です。

ストレスと免疫力

ストレスを受けると交感神経が優位になりいくつかのホルモンが分泌されます。

恐怖や怒りのストレスでアドレナリンが分泌され、同時にノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

これらは強い興奮ホルモンで勝負事や大きな仕事に取り組むときには必要なものです。けれど慢性的にピリピリしている状態でいると、このホルモンが常に体中を駆け巡ることになります。

そうなるとNK細胞の働きが阻害されて本来の働きができなくなります。

またストレスによって交感神経が緊張状態になると、それを鎮めようとコルチゾールというホルモンが分泌されます。
別名ストレスホルモンと呼ばれるホルモンです。

コルチゾールはNK細胞の働きを0にしてしまうので免疫力が低下してしまうのです。

 

アレルギーと免疫

3fe2f56f95176816642fedae1d422907_s

リンパ球はしばしば敵を間違えて攻撃してしまうことがあります。

ある特定の病原体に過剰に反応したり、自分自身を攻撃してしまったりします。
これをアレルギーと呼んでいます。

免疫とアレルギー、どちらもリンパ球の働きによるものですが、全く反対の作用をします。

アレルギーといってもアトピー性皮膚炎や花粉症のようなものから、アナフィラキシーショックを起こし命にかかわるものまでいろいろなアレルギーがあります。

アレルギーには体の外からアレルゲンが入ってきておこる外因性のものと

自己を敵として攻撃してしまう内因性のものがあります。

atopy外因性
アトピー性皮膚炎、気管支喘息、じんましん、花粉症、食物アレルギー

内因性
バセドウ病、ギラン・バレー症候群、シェーグレン症候群、重症筋無力症、膠原病

ライフスタイルと免疫力

現代人が自律神経のバランスを崩す主な原因は

  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 過剰な冷房による冷え

の3つです。

自律神経のバランスがおかしくなると体のあらゆる場所と心に不調が現れます

免疫機能もおかしくなります。

自律神経を失調させないことが免疫力を高めることにもなるのです。

ストレスをためない

生きていればストレスがあるのは当たり前です。大事なのはストレスをためないこと

こまめにストレスを発散していればNK細胞もダメージを受けません。

夜は休養する

自律神経は体内のリズムに合わせて心身の様々な機能をコントロールしています。

そのリズムを壊すようなライフスタイルは免疫力を低下させます。

なるべく笑う

笑うことでNK細胞が活性化します。

いいことがあってもなくても笑う習慣を

笑うことが免疫力を高める一番簡単で効果的な方法です。

まとめ「免疫力をアップさせるには」

免疫力をアップさせるためには

  • とにかく笑う事、笑うことでNK細胞が活性化して免疫力が上がります。
  • 明るい仲間を作って、一緒に遊んだりすることでストレスを発散しましょう。
  • 異性の友達を持つ事はいい刺激になります。特に男性は女性がそばにいるほうが健康寿命が長くなります。
  • 能天気になって、いつも楽しい事、ワクワクすることをイメージしましょう。
  • 夜10時から2時は寝るようにしましょう。
  • 食事は腹八分、いろいろな食品をよく噛んで食べるようにしましょう。
  • ほどほどの運動がおすすめです。激しい運動はかえって免疫力を下げてしまいます。
  • 入浴は40度のお湯で半身浴15分、副交感神経が優位になって免疫力をアップします

このポイントに注意して生活をすることで免疫力はアップします^^

こちらの記事もおすすめです。

 

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

美ぶろぐの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美ぶろぐの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

美ぶろぐ編集部

美ぶろぐ編集部

美ブログ編集部です。
女性が女性らしく生きるための記事を書いています。
美容・健康・恋愛・生活全般のお役立ち情報をあなたに発信していきます。

Facebookページにいいね!していただくと、更新情報が届きます。よろしければぜひ。
【facebook】https://www.facebook.com/Ara40lady/
【twitter】https://twitter.com/bebloginfo/

この人が書いた記事  記事一覧

  • ネット婚活のすすめ

  • 酢玉ねぎの驚異の健康パワー【TVでも話題】

  • 伝わり体操で思った通りに動ける体に

  • marrish